Final Cut Pro X のメディア形式および最適化されたメディアの作成方法について

Final Cut Pro X の「最適化されたメディアを作成」オプションを使うと、ビデオを Apple ProRes 422 にトランスコードできます。 

カメラによっては、オリジナルの記録形式のビットレートが高い場合や、デコードに時間がかかるコーデックが使われている場合があります。 そのような映像を扱う場合も、「最適化されたメディアを作成」オプションを使えば、編集中のパフォーマンスが上がり、画質がよくなるのにレンダリング時間も短くて済み、書き出しにかかる時間も短縮されます。Final Cut Pro X では、フォアグラウンドで整理または編集しているときに、バックグラウンドでこのメディアを ProRes 422 にトランスコードすることで、フレーム落ちを減少させるかなくすことができます。

一部のカメラの記録形式では、ProRes 422 にトランスコードしても、パフォーマンス向上の利点が得られないことがあります。こうした形式を選択した場合、「最適化されたメディアを作成」オプションは利用できなくなります。Final Cut Pro X で適切なパフォーマンスで編集できるネイティブのカメラメディア形式には次のようなものがあります。

  • HDV
  • DV
  • DVCPRO HD
  • XDCAM HD/EX/HD422

Final Cut Pro X で操作しているメディア形式で再生の問題が発生している場合は、最適化されたメディアを作成することをお勧めします (このオプションが利用できる場合)。これによって Final Cut Pro X でそのメディアを編集するときのパフォーマンスが向上します。最適化されたメディアを作成するには、読み込み中またはイベントブラウザで「control」キーを押しながらメディアファイルをクリックして、コンテクストメニューから「メディアをトランスコード」を選択します。 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: