Final Cut Pro X 10.4 で 360° ビデオを編集する

Final Cut Pro に 360° メディアを読み込んで 360° プロジェクトを編集してから、モノスコピックフォーマットまたはステレオスコピックフォーマットで 360° ビデオを共有できます。編集中は、360° プロジェクトを画面上や VR ヘッドセットを使って確認します。

Final Cut Pro X 10.4 では、幅広いフォーマットやフレームサイズのモノスコピックまたはステレオスコピックな 360° ビデオを読み込んで編集できます。編集中は、接続した VR ヘッドセットに 360° ビデオを出力でき、同時に、Final Cut Pro 360° ビューアでもエクイレクタングラー (正距円筒図法) 形式のビデオと 360° ビデオを確認できます。編集が終わったら、簡単に 360° プロジェクトを書き出して、さまざまなビデオ共有 Web サイトやソーシャルメディア Web サイト (YouTube VR チャンネル、Facebook 360、Vimeo 360 など) で共有できます。

360° ビデオを扱うには

Final Cut Pro で 360° ビデオを編集するには、Mac が 360º ビデオと Final Cut Pro X 10.4 のシステム条件を満たしているか確認してください。VR ヘッドセットで確認しながら編集したい場合は、必ずサポート対象の VR ヘッドセットを使い、必要なソフトウェアをインストールしておいてください。

複数のカメラを専用のリグに取り付けて 360° の素材を撮影できます。複数のレンズが付いた 360° カメラ 1 台で撮影することもできます。この場合、レンズごとに異なるカメラアングルで撮影され、その映像が少しずつ重なります。360° の素材を Final Cut Pro に読み込む前に、継ぎ目のない 1 枚の 360° の画像 (ステッチ作業を施した画像) を作成しておく必要があります。360° カメラの中にはこの作業を自動で行ってくれるものもあり、その場合は、すぐに編集を始められます。複数のカメラで素材を撮影した場合は、他社製のソフトウェアを使って、素材を接合するステッチ作業が必要です。

Final Cut Pro で編集するには、ステッチした画像がエクイレクタングラー (正距円筒図法) 形式になっている必要があります。エクイレクタングラー形式の画像は、地球を 2 次元 (2D) の長方形に描いた世界地図のような見た目になります。

360° ビデオを読み込む

360° ビデオを読み込む前に、さまざまな角度で撮影した画像をすべてステッチして、360° メディアをエクイレクタングラー形式にしておく必要があります。「ファイル」>「読み込む」>「メディア」の順に選択し、クリップを選択してから「読み込む」をクリックします。エクイレクタングラー表示のビューアに 360º クリップが表示されます。

360° メディアを読み込んだ後で、360° メディアのメタデータタグを確認しておいた方が賢明です。Final Cut Pro のビューアでクリップがどのように動作するか、Final Cut Pro に読み込んだクリップを基にどのようにプロジェクトが作成されるかは、これらのタグによって決まります。多くの場合は、カメラが自動的にメディアにタグを付けてくれます。

  1. ブラウザでクリップを選択します。
  2. 「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「インスペクタ」の順に選択して (または「command + 5」キーを押して)、インスペクタで をクリックします。
  3. インスペクタで以下の点を確認します。
    • 「360º プロジェクションモード」ポップアップメニューが「エクイレクタングラー」に設定されていることを確認します。
    • 「ステレオスコピックモード」ポップアップメニューで、メディアを当初撮影したときのモードが設定されていることを確認します。

クリップを表示する/クリップ内を移動する

Final Cut Pro では、360° クリップを専用のビューアで表示し、クリップ内を移動できます。「表示」>「ビューアに表示」>「360º」の順に選択します。ビューアの左側に、360º ビューアが表示されます。クリップを 360º 全方位で表示するには、ブラウザでそのクリップを選択し、360º ビューアでクリックして任意の方向にドラッグします。プロジェクトの再生中に、360º ビューア内で移動することもできます。360° ビューア内で移動しても、クリップのマスター方向が変わったり、クリップの最終出力に影響したりすることはありません。

360° ビューアで、以下のコントロールを使うこともできます。

  • 表示の角度をデフォルトの方向にリセットするには、360º ビューアの上部にある「設定」をクリックし、「アングルをリセット」を選択します。 
  • 視野を広くするには、スライダを に向かってドラッグします。狭くするには、 に向かってドラッグします。視野をデフォルト設定の 90º にリセットするには、360° ビューアの をクリックします。
  • VR ヘッドセットを使ってビデオをモニタする場合は、360° ビューアの「設定」をクリックし、「VR ヘッドセットに出力」を選択します。

360° ビデオを編集する

360° ビデオの編集を始めるには、新しい 360° ビデオプロジェクトを作成します。「ファイル」>「新規プロジェクト」の順に選択し、新しいタイムラインに 360º クリップを追加します。Final Cut Pro では、プロジェクトのプロパティが、追加したクリップのプロパティに合わせて自動的に設定されます。カスタムのプロジェクト設定を作成することもできます。

編集中に、チルト、パン、回転を調整して、クリップのマスター方向を変更できます。また、カメラマウントなどの不要な画像をパッチエフェクトを使って隠したり、ほかの特殊な 360° エフェクト、ジェネレータ、タイトルを適用したりすることもできます。

クリップのマスター方向を変更する

どの 360º ビデオクリックでも、ネイティブのマスター方向 (そのビデオの視聴を始めたときの最初の表示方向) が決まっています。マスター方向は、当初の撮影方法によって決まります。この方向を変更するには、ビデオインスペクタ 、ビューアのオンスクリーンコントロール、または水平線ガイドラインを使います

クリップの不要なオブジェクトを隠す

「360º パッチ」エフェクトを使って、クリップで三脚やその他の不要なオブジェクトを隠すことができます。画像内のある部分のクローンを作成し、隠したいオブジェクトの上を覆います。

追加の 360° エフェクト、ジェネレータ、タイトル

Final Cut Pro には、一部の標準エフェクト (ブラー、グロー、シャープエフェクトなど) の特殊な 360° バージョンが用意されています。こうしたエフェクトは、継ぎ目、不要な歪みやその他のアーチファクトを生み出すことなく 360° クリップや 360° プロジェクトに適用できます。

また、Final Cut Pro には、360° プロジェクトで使うことを前提に設計されたタイトルやジェネレータも用意されています。360° ジェネレータは、「360° 単色」や「360° グラデーション」などです。特殊な 360º タイトルは、「360º 基本 3D」「360º 回転 3D」などです。360º のタイトルは常に 360º の空間に正しく投影されるので、テキストの奥行き、ライティング、シェーディングが標準プロジェクトの場合と同様に表示されます。

360° ビデオを共有する

360° プロジェクトの編集が終わったら、YouTube VR チャンネル、Facebook 360、Vimeo 360 など、360º ビデオに対応したさまざまなビデオ共有 Web サイトやソーシャルメディア Web サイトで共有できます。Final Cut Pro は、出力メディアファイルが適切に認識されるように、適切な 360° メタデータをファイルに含めます。また、マスターファイルを書き出したり、360° クリップや 360° プロジェクトを含むイベント、プロジェクト、またはライブラリの XML ファイルを書き出したりすることもできます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: