QuickTake を使って写真撮影中にビデオを撮る

iOS 13 以降の QuickTake を使えば、モードを切り替えなくても、写真を撮りながらビデオの撮影を始められます。

QuickTake カメラは iPhone XS、iPhone XR 以降で使えます。

 

シャッターを長押ししてビデオを撮影

カメラ App を開くと、デフォルトの写真モードになっています。シャッターボタン をタップして、写真を撮ります。矢印 をタップして、フラッシュ、Live Photosナイトモード、タイマーなどのオプションを調整できます。

QuickTake ビデオを撮影するには、シャッターボタン を長押しします*。ボタンから指を放すと、撮影が停止します。

iOS 14 を搭載した iPhone XS、iPhone XR 以降では、音量を上げる/下げるボタンのいずれかを長押しして、QuickTake ビデオを撮影できます。「音量を上げるボタンをバーストに使用」が有効になっている場合は、音量を下げるボタンを使って QuickTake ビデオを撮れます。

右にスワイプして撮影を続行

ボタンを長押ししたままにしなくても、シャッターボタン を右にスライドさせてから指を放せば、ビデオの撮影をそのまま続けられます。この状態でビデオを撮影中は、右側にシャッターボタンが表示されます。このボタンをタップすると、ビデオの撮影を続行したまま静止画が撮れます。撮影を停止するときは、録画ボタンをタップします。

左にスワイプしてバーストモード

シャッターボタン を左にスライドさせてそのまま長押しすると、バーストモードで写真撮影できます。ボタンから指を放すと撮影終了です。

iOS 14 を搭載した iPhone XS、iPhone XR 以降では、音量を下げるボタンを押して、バーストモードで写真を撮影できます。「設定」>「カメラ」で、「音量を上げるボタンをバーストに使用」をオンにしてください。

* 解像度、ステレオオーディオ、オーディオズームなどをカスタマイズしてビデオを撮影する場合は、ビデオモードに切り替えてください。

関連情報

  • iPhone のカメラの機能について詳しくは、こちらの記事を参照してください。 
  • ナイトモードを使って暗い場所で写真を撮る方法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: