駐車した車を iPhone のマップで探す方法

車載の Bluetooth アクセサリや CarPlay と iPhone との接続が切れた時点で、マップが車の所在地にピンを打ってくれるので、どこに車を駐めたかがすぐにわかります。

始める前に

以下の点に注意してください。

  • 位置情報サービスをオンにしておきます。「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」の順に選択してください。
  • 「利用頻度の高い場所」をオンにしておきます。「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」>「システムサービス」>「利用頻度の高い場所」>「利用頻度の高い場所」の順に選択してください。
  • 「駐車した場所を表示」をオンにしておきます。「設定」>「マップ」>「駐車した場所を表示」の順に選択してください。
  • iPhone が CarPlay または車載の Bluetooth アクセサリとペアリングされていることを確認してください。


車を探す

車から離れるときに、iPhone と Bluetooth アクセサリとの接続を切ると、マップが車を駐めた位置を記憶してくれます。駐車位置を編集するには、マップを開いて 駐車中車両 をタップするか、駐車した場所の写真を追加します。

車に戻るときは、以下の要領で車を探してください。

  1. マップを開きます。
  2. 検索フィールドをタップし、検索候補のリストの中から「駐車中車両」を選択します。 
  3. 「経路」をタップし、「車」「徒歩」「交通機関」「配車サービス」のいずれかを選択します。
  4. 希望のルートを選択します。準備ができたら「出発」をタップします。

駐車中車両のピンを削除するには、マップ上で 駐車中車両 をタップします。メニューカードを上にスワイプして、「駐車場所を削除」をタップします。頻繁に同じ場所に駐車する場合 (自宅や勤務先など)、駐車中車両のマークは付きません。

関連情報

マップを使えば、リアルタイムの交通情報を反映したルート案内をしてもらう、Siri に新しいスポットを探してもらうなど、さまざまなことができます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

 

公開日: