iPhone で Visual Voicemail を設定する

Visual Voicemail では、メッセージのリストを表示して、再生または削除するものを選択できます。設定方法や、既存の留守番電話メッセージを転送する方法についてご案内します。 

Visual Voicemail を設定する

ご契約先の通信事業者が Visual Voicemail に対応している場合は、以下の手順で設定できます。

  1. 電話 App を開いて、「留守番電話」タブをタップします。 
  2. 「今すぐ設定」をタップします。
  3. 留守番電話のパスワードを作成し、「完了」をタップします。
  4. パスワードを確認のためもう一度入力し、「完了」をタップします。 
  5. 「カスタム」または「デフォルト」を選択します。「カスタム」を選択した場合は、新しい応答メッセージを録音できます。
  6. 「完了」をタップして、応答メッセージを保存します。


既存の留守番電話メッセージを転送する

既存の留守番電話メッセージを転送するには、以下の手順を実行してください。

  1. 電話 App を開いて、「留守番電話」タブをタップします。
  2. 「今すぐ設定」をタップします。
  3. パスワードを入力して*、「完了」をタップします。 
  4. カスタムの応答メッセージを録音するか、デフォルトの録音メッセージを使い、「保存」をタップします。 

留守番電話のパスワードを忘れた場合、iPhone からリセットする方法はありません。ご契約先の通信事業者にお問い合わせの上、パスワードのリセットを依頼いただく必要があります。新しい SIM カードを挿入すると、iPhone に保存しておいた留守番電話メッセージがなくなる場合があります。


Visual Voicemail に問題がある場合

Visual Voicemail を設定できない場合は、ご契約先の通信事業者に、加入しているプランがこの機能に対応しているかどうかをお問い合わせください。

問題がある場合は、以下の手順をお試しください。各手順を実行したら、そのつど Visual Voicemail を使えるか確認してください。

  1. 最新バージョンの iOS を使っているか確認します。
  2. キャリアバンドルのアップデートがないか確認します。「設定」>「一般」>「情報」の順に選択してください。アップデートが提供されている場合は、アップデートするかどうかを確認するメッセージが表示されます。
  3. 携帯電話ネットワークの接続状況を確認するために、だれかに電話をかけてみます。 
  4. 留守番電話が設定されていることを確認します。確認のため、iPhone で自分の電話番号をダイヤルし、自分自身にメッセージを残してください。
  5. 別の電話機から iPhone に電話をかけ、自分自身に留守番電話メッセージを残してみます。
  6. キーパッドを表示し、「1」を長押しするか、「留守番電話に接続」ボタンを押します。これで、留守番電話にかかります。聞きそびれているメッセージがないか確認してください。
  7. 「留守番電話」画面で「応答メッセージ」をタップします。応答メッセージをカスタムメッセージまたはデフォルトのメッセージに変更します。 
  8. iPhone でモバイル通信プランを複数使っている場合は、ほかのプランに切り替えてみます。1 番目の番号に電話をかけ、メッセージを残します。
  9. 「設定」>「一般」>「リセット」の順にタップし、「ネットワーク設定をリセット」をタップします。
  10. それでも問題が解決しない場合は、通信事業者にお問い合わせください。


関連情報

また、Visual Voicemail メッセージをメモやボイスメモとして保存したり、メッセージ、メール、AirDrop を使って共有したりすることもできます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

 

公開日: