macOS High Sierra

Finder にファイルを表示する

Finder は Mac のホームベースです。「Finder」アイコンは青いほほ笑んでいる顔のようなアイコンで、「Dock」のこのアイコンをクリックすると、Finder ウインドウが開きます。

「Dock」の左側にある「Finder」アイコンを指している青い矢印。

Mac にあるほとんどすべての項目の整理とアクセスには、Finder ウインドウを使用します。

Finder ウインドウの例。

項目を表示する

Finder のサイドバーにある項目をクリックして、ファイル、アプリケーション、ダウンロードした項目などを表示します。サイドバーをより便利に使用するにはカスタマイズします。

Siri に質問して目的の情報を見つけることもできます。

Siri に尋ねます。以下のように話しかけます:

  • 「経費と言う名前のファイルを全部見せて」

  • 「昨日の夜作ったプレゼンテーションを開いて」

  • 「赤いタグの付いているファイルを見せて」

  • 「先週佐藤さんから送られてきたファイルを探して」

あらゆるものにあらゆる場所からアセクスする

iCloud Drive を使って、デスクトップおよび書類にあるファイルとフォルダを iCloud に自動的に保存します。それらの項目は、同じ Apple ID でサインインしたすべての Mac で利用できます。

フォルダを使用する(または使用しない)

ファイルをフォルダに整理したい場合は、整理できます。「書類」フォルダ、デスクトップ、iCloud Drive などに簡単に新規フォルダを作成できます。

タグを使用してファイルを整理することもできます。

表示を選択する

Finder ウインドウでは、項目の表示を選択できます。たとえば、項目をリスト表示する必要がない場合は、Cover Flow でファイルやフォルダを視覚的にパラパラとめくって表示できます。

AirDrop で送信する

Finder から近くの iOS デバイスまたは Mac へ、直接ファイルを送信できます。サイドバーの「AirDrop」をクリックして開始します。詳しくは、AirDrop を使用して自分の近くのデバイスにファイルを送信するを参照してください。

Finder のファイルを選択してから、「共有」ボタン をクリックして(または、Touch Bar を使用して)、「メール」、AirDrop、「メッセージ」、「メモ」などで共有することもできます。