iPhone のカメラの機能について

フォトグラフスタイル、QuickTake、アクションモード、超広角カメラなど、iPhone のさまざまなカメラ機能をご紹介します。

フォトグラフスタイルでいつでも自分好みの撮影を

iPhone 13 および iPhone SE (第 3 世代) 以降では、フォトグラフスタイルを使って、カメラ App で撮る写真の見た目を自分好みに変えることができます。プリセット (「リッチなコントラスト」「鮮やか」「暖かい」「冷たい」) の中から選択してください。お好みに応じて、「トーン」と「暖かみ」の設定を調整して、さらに調整できます。一度スタイルを設定すると、写真モードで写真を撮影するときは毎回その優先スタイル設定が使われます。

iPhone のカメラ App でファインダーに 4 人が収まっているところ 

フォトグラフスタイルを設定する

カメラ App をはじめて開くときに、「設定」をタップして、「フォトグラフスタイル」を選択します。スワイプして各種のスタイルを見て、気に入ったプリセットの「"[スタイル名]" を使用」をタップします。

写真を撮り始める前にスタイルを設定してください。すでに撮影した写真には、フォトグラフスタイルを適用できません。

フォトグラフスタイルを変更する

一度設定したフォトグラフスタイルを変えたくなったら、カメラ App を開いて、矢印 をタップし、「フォトグラフスタイル」 をタップしてください。「標準」がデフォルトの設定です。実際の見た目に近い、バランスがとれたスタイルで、カスタマイズはできません。左にスワイプして、カスタマイズ可能なほかのプリセットスタイルを見ることができます。「カスタマイズ」 をタップして、選択したスタイルの「トーン」や「暖かみ」を調整できます。

マクロ撮影でクローズアップの写真やビデオを撮る

iPhone 13 Pro および iPhone 13 Pro Max はマクロ撮影に対応しました。進化したレンズとオートフォーカスシステムを搭載した新しい超広角カメラのおかげで、わずか 2 センチメートルの距離まで近寄ってもピントが合い、鮮明で驚くほど美しいクローズアップ写真が撮れます。iPhone 13 Pro および iPhone 13 Pro Max はマクロビデオ撮影にも対応。スローモーションやタイムラプスでも撮影できます。

写真モードやビデオモードでのマクロ撮影は自動的に行われます。iPhone を被写体に近付けるだけで、超広角カメラが選択されていない場合は自動で超広角カメラに切り替わり、構図はそのまま変わりません。スローモーションやタイムラプスでビデオをマクロ撮影するには、超広角カメラ (.5x) を選択し、被写体に近付いてください。

iPhone を被写体に近付けたり離したりすると、カメラ App が超広角カメラに切り替わる場合がありますが、マクロ撮影への自動切り替えは自分で制御できます。「設定」>「カメラ」の順に選択し、「マクロ撮影コントロール」をオンにしてください。「マクロ撮影コントロール」がオンの場合、iPhone を被写体からマクロ撮影の距離内に近付けると、カメラ App にマクロボタン が表示されます。マクロボタンをタップするとマクロ撮影の自動切り替えがオフになり、もう一度タップすると、マクロ撮影の自動切り替えがオンになります。

「マクロ撮影コントロール」をオンにした場合、マクロ撮影の範囲内でカメラを次回使う際にマクロ撮影の自動切り替えが有効になります。カメラのセッションをまたいで「マクロ撮影コントロール」の設定を維持したい場合は、「設定」>「カメラ」>「設定を保持」の順に選択し、「マクロ撮影コントロール」をオンにしてください。

QuickTake で録画のタイミングも逃さない

QuickTake を使えば、写真モードから切り替えなくてもビデオを撮影できます。QuickTake は iPhone XS、iPhone XR 以降で使えます。

iPhone で QuickTake でビデオを撮影しているところ 

シャッターを長押ししてビデオを撮影

カメラ App を開くと、デフォルトの写真モードになっています。シャッターボタン をタップして、写真を撮ります。矢印 をタップして、フラッシュ、Live Photos、タイマーなどのオプションを調整できます。

QuickTake ビデオを撮影したければ、シャッターボタン を長押しします*。ボタンから指を放すと、撮影が停止します。

iOS 14 以降では、音量を上げる/下げるボタンのいずれかを長押しして、QuickTake ビデオを撮影できます。「音量を上げるボタンをバーストに使用」が有効になっている場合は、音量を下げるボタンを使って QuickTake ビデオを撮れます。

右にスワイプして撮影を続行

ボタンを長押ししたままにしなくても、シャッターボタン を右にスライドさせてから指を放せば、ビデオの撮影をそのまま続けられます。この状態でビデオを撮影中は、右側にシャッターボタンが表示されます。シャッターボタン をタップすると、ビデオの撮影を続行したまま静止画が撮れます。撮影を停止するときは、録画ボタンをタップします。

左にスワイプしてバーストモード

シャッターボタン を左にスライドさせてそのまま長押しすると、バーストモードで写真撮影できます。ボタンから指を放すと撮影終了です。

iOS 14 以降では、音量を上げるボタンを押して、バーストモードで写真を撮影できます。「設定」>「カメラ」で、「音量を上げるボタンをバーストに使用」をオンにしてください。

* 解像度、ステレオオーディオ、オーディオズームなどをカスタマイズしてビデオを撮影する場合は、ビデオモードに切り替えてください。


カメラ App 内でアクションモードがオンになっているところ。

アクションモードで手ぶれを抑えて動画を撮影する

iPhone 14 および iPhone 14 Pro モデルのアクションモードなら、本体片手にどんなに動き回って撮影しても、手ぶれを抑えて滑らかな動画が撮れます。

  1. カメラ App を開いてスワイプし、「ビデオ」モードに切り替えます。
  2. ボタンをタップして、アクションモードをオンにします。
  3. シャッターボタンをタップして、ビデオを撮影します。

アクションモードでは、明るい方がきれいに撮影できます。周囲が暗すぎる場合は、「もっと明るさが必要です」と表示されます。明るさが多少足りなくてもアクションモードを使えるように、設定を変更できます。

  1. 「設定」で「カメラ」をタップします。
  2. 「ビデオ撮影」をタップします。
  3. 「アクションモード低照度」をオンにします。

アクションモードでは、解像度 1080p または 2.8k、最大 60 fps (1 秒あたりのフレーム数) でビデオを撮影できます。ドルビービジョン HDR に対応しています。また、iPhone 14 Pro モデルでは Apple ProRes ビデオフォーマットに対応しています。

フォーカスや露出を調整する

写真を撮る前に、カメラが自動的にフォーカスや露出を設定してくれます。また、顔認識機能が、大勢の顔が写っていても露出をバランスよく設定します。露出補正コントロールを使って、これから撮るショットの露出を正確に設定し、固定できます。

矢印 をタップし、 をタップして、露出レベルを調整してください。調整した露出は、次回カメラ App を開くときまで固定されます。

露出補正コントロールには、iOS 14 以降を搭載した iPhone 11 および iPhone 11 Pro 以降が対応しています。

左右反転のセルフィーを撮る

iOS 14 以降では、左右反転のセルフィー、つまり、撮影時にカメラのフレームの中で見ていた自分の姿をそのまま写したセルフィーを撮ることができます。この機能を有効にするには、「設定」>「カメラ」で「前面カメラを左右反転」をオンにしてください。

「前面カメラを左右反転」は、iOS 14 以降を搭載した iPhone XS、iPhone XR 以降で写真やビデオに対して使えます。iPhone 6s から iPhone X をお使いの場合、この設定は「前面写真を左右反転」という名称になり、写真のみ撮影可能です。

もっと速く写真が撮れる

「より速い撮影を優先」という機能を使って、画像の処理方法を変更できます。シャッターボタン を連打して、たくさんの写真が撮れるようになります。この機能を無効にするには、「設定」>「カメラ」の順に選択し、「より速い撮影を優先」をオフにします。

「より速い撮影を優先」は、iOS 14 以降を搭載した iPhone XS および iPhone XR 以降で使えます。

セルフィーと超広角写真をもっときれいに

「レンズ補正」を使えば、前面カメラでセルフィーを撮る際や、超広角 (0.5x) レンズで写真を撮る際に、写真が自動で補正され、より自然な仕上がりになります。この機能を無効にするには、「設定」>「カメラ」の順に選択し、「レンズ補正」をオフにします。

「レンズ補正」は、iPhone 12 モデル以降で使えます。

iPhone のカメラなら、こんなことも

  • 暗い場所で写真を撮る必要があるなら、対応モデルの iPhone でナイトモードを使う方法をこちらの記事でご確認ください。
  • その瞬間を動きも音も添えて残すなら、Live Photos を使いましょう。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • Apple ProRAW で写真を撮影すると、さらにクリエイティブな写真編集が可能になります。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
公開日: