iPhone 11 や iPhone 11 Pro のカメラ機能

QuickTake、超広角カメラ、ナイトモードなど、iPhone 11 および iPhone 11 Pro のカメラの新機能についてご説明します。

 

QuickTake で録画のタイミングも逃さない

iPhone 11 や iPhone 11 Pro では、QuickTake という新機能を使って、写真モードから切り替えなくてもビデオ撮影を開始できます。

シャッターを長押ししてビデオを撮影

カメラ App を開くと、デフォルトの写真モードになっています。シャッターボタン をタップして、写真を撮ります。矢印 をタップして、フラッシュ、Live Photos、タイマーなどのオプションを調整できます。

すばやくビデオを撮影したければ、シャッターボタンを長押しします*。ボタンから指を放すと撮影が停止します。

右にスワイプして撮影を続行

ボタンを長押ししたままにしなくても、シャッターボタンを右にスライドさせてから指を放せば、ビデオの撮影をそのまま続けられます。この状態でビデオを撮影中は、右側にシャッターボタンが表示されます。このボタンをタップすると、ビデオの撮影を続行したまま静止画が撮れます。撮影を停止するときは、録画ボタンをタップします。

左にスワイプしてバーストモード

シャッターボタンを左にスライドさせてそのまま長押しすると、バーストモードで写真撮影できます。ボタンから指を放すと撮影終了です。

* 解像度、ステレオオーディオ、オーディオズームなどをカスタマイズして、長時間ビデオを撮影する場合は、ビデオモードに切り替えてください。

超広角カメラなら、ここまでできる

iPhone 11 および iPhone 11 Pro では、カメラのインターフェイスが刷新されました。新しい超広角カメラを使い、フレームの外側の様子を見ながら撮影できます。「0.5」ボタンをタップして超広角カメラに切り替えて、iPhone から見えるもの、全部撮りましょう。

 

暗くてもナイトモードできれいに撮れる

iPhone 11 および iPhone 11 Pro では、明るさが足りない場所だと、カメラが自動的にナイトモードに切り替わります。この機能の使用中は、ディスプレイの上部にあるナイトモードのアイコン が黄色くなります。

撮影する場所の暗さに応じて、ナイトモードの写真はすぐに撮れる場合も、シャッターを長めに数秒開いて撮る場合もあります。ナイトモードのアイコンの横に数字が表示されるので、撮影の所要時間がわかります。 

露出時間を長くしてナイトモードの写真を撮りたい場合は、ナイトモードのアイコンをタップします。シャッターボタンの上にあるスライダを使い、「自動」から「最大」までで選択します。「自動」にすると、カメラが撮影時間を自動判定します。「最大」にすると、撮影時間が最長になります。写真を撮ると、スライダがタイマーになり、露出時間が終わるまでカウントダウンします。撮影が終わるまで、カメラを動かさないでください。

 

写真とビデオが思いのままに仕上がる

iOS 13 の写真 App は、一段と編集がしやすくなりました。すべての編集ツールやフィルタの強度を調整できるようになっています。また、トリミング、回転、フィルタの適用など、写真編集と同じツールでビデオも編集できます。iPhone の写真編集について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

 

ポートレートも新境地へ

iPhone 11 と iPhone 11 Pro のカメラシステムは、ポートレートモードも格段ときれいに撮れます。新しい「ハイキー照明 (モノ)」エフェクトは、まるでスタジオで撮影したかのような仕上がり。撮りたいものは何でも、大切なペットももちろん、ポートレートモードで全部撮れます。

公開日: