HomeKit Secure Video を使う

ビデオの録画、通知、保管、共有のオプションを全部、HomeKit Secure Video でカスタマイズしましょう。

必要な環境

ビデオをストリーミングしたりビデオクリップを保管したりする分には、iCloud ストレージプランは必要ありません。ビデオを録画する場合は、カメラ 1 台なら 200 GB の iCloud ストレージプランが必要です。2TB のストレージプランなら最大 5 台のカメラに対応します。

カメラを設定する

  1. カメラのメーカーが提供しているカメラ設定用の iOS App または iPadOS App をインストールする必要があるか、メーカーに確認します。
  2. ホーム App でカメラをアクセサリとして追加します。カメラが追加されたという通知がデバイスに表示されます。ホーム App で接続しているネットワークにカメラを追加するようにしてください。また、安定したネットワークをお使いください。録画中にネットワーク接続が途切れると、ビデオが保存されない場合があります。 
  3. 画面の案内にそって、ストリーミングや録画の設定、ユーザのアクセス権などを選択します。これらの設定は後から変更することもできます。終わったら「完了」をタップします。 

上記の手順で HomeKit Secure Video 対応のカメラをすべてホーム App に追加してください。録画機能付きカメラの台数が、iCloud ストレージプランで対応可能な台数の上限に達すると、通知が表示されます。 

ホーム App で使っている Apple ID で、ホームをいくつ所有していても、その全部で合計 5 台の録画機能付きカメラを使えます。ファミリー共有で iCloud ストレージプランを分け合っている場合、そのメンバー全員で、この上限は共有されます。6 台以上のカメラで録画するには、別の iCloud ストレージプランに加入済みの別の Apple ID を使う必要があります。

iOS のホーム App のビデオ設定を収めたスクリーンショット。

設定を変更する

カメラの設定を調整するには、iPhone、iPad、iPod touch でホーム App を開きます。ビデオフィードをタップし、「設定 」をタップします。Mac* では、「control」キーを押しながらビデオフィードをクリックし、「設定 」を選択します。

  • カメラの名前と、設置する部屋を変更します。「よく使う項目に含める」をオンにすると、ホーム App の「ホーム」タブや iOSiPadOSApple TV のコントロールセンターで、また、Apple Watch の一部の機能を使って、アクセサリにアクセスし、操作できるようになります。

* macOS 10.15.1 以降のホーム App で、録画設定を変更し、ビデオクリップやビデオストリームを見ることができます。

ビデオを確認して共有する

ホーム App の「ホーム」タブの「よく使うカメラ」、またはホーム App でカメラを設置している部屋の画面で、ビデオストリームや録画の内容を見ることができます。ホームのメンバーも、Apple TV のコントロールセンター、Mac のホーム App、または Apple Watch でビデオストリームを見られます。ホーム App のメインユーザは、ビデオの録画を全部見ることができるホームユーザを制限できます。 

iOS のホーム App でビデオを確認している様子を収めたスクリーンショット。

ビデオクリップを確認するには、iPhone、iPad、iPod touch のホーム App でビデオフィードをタップします。Mac* では、ホーム App でビデオフィードをダブルクリックします。 

  • ビデオの上には、見ている映像の撮影日時が表示されます。ビデオの上にあるカレンダーを使って、特定の日付の録画内容を表示できます。iCloud に履歴として保存される過去 10 日分の収録ビデオクリップを見ることができます。
  • 画面の下部にあるビデオタイムラインを使って、録画映像の再生や一時停止、ビデオの巻き戻し/早送りができます。人や動物、車のアイコンがタイムラインに表示される場合は、そのアイコンをタップまたはクリックして、ホームハブが動作を検知したときに録画されたビデオクリップを見ることができます。iPhone、iPad、iPod touch では、タイムラインを 2 本指でピンチして拡大すると、フレームを詳細に確認できます。
  • ビデオクリップをほかの人や App と共有したり、iCloud や写真 App に保存したりするには、 をタップまたはクリックします。
  • をタップまたはクリックすると、ホーム App でカメラと同じ部屋に設置されているほかのアクセサリを確認できます。 

* macOS 10.15.1 以降のホーム App で、録画設定を変更し、ビデオクリップやビデオストリームを見ることができます。 

ホーム App でできる、もっといろんなこと

  • ホーム App で顔認識を設定しておけば、自宅に誰かが訪れた時点で知らせてもらえます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • 所定の時刻、家に誰がいるか、または、アクセサリが何かを検知したときなど、条件に応じたホームオートメーションを作成できます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • ほかの人を招待してホームを一緒に管理し、ユーザ権限を編集できます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • 通知を有効にし、ホームの状況をチェックできます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
公開日: