macOS High Sierra

ファイルやフォルダを削除する

必要のなくなったファイル、フォルダ、およびその他の項目は、いつでも排除できます。まず項目を「ゴミ箱」にドラッグしますが、「ゴミ箱」を空にするまで項目は削除されません。

「Dock」の「ゴミ箱」アイコンを指している青い矢印。

注記:「Time Machine」をオフにしているか、最近ファイルをバックアップしていない場合は、後で考えが変わって項目を必要とする場合に備えて、ストレージデバイスにバックアップコピーを保存しておくことをお勧めします。

Mac や iCloud Drive から項目を削除する

  • 「ゴミ箱」に項目をドラッグするか、項目を選択してから Command + Delete キーを押します。項目がロックされている場合は、「続ける」をクリックしてロック項目の「ゴミ箱」への移動を確定します。

項目がロックされている場合、それをゴミ箱に移動する前に確認が求められます。または、ゴミ箱に移動する前に項目のロックを解除します。まず項目のロックを解除するには、項目を選択してから「ファイル」>「情報を見る」と選択し(または Command + I キーを押し)、「ロック」チェックボックスの選択を解除します。管理者としてログインしていない場合は、カギのアイコン をクリックして、管理者名とパスワードを入力しなければならないことがあります。

「ゴミ箱」から項目を削除する

  • Control キーを押しながら削除したい項目をクリックし、「すぐに削除」を選択します。

    警告メッセージが表示されたら、「削除」をクリックします。

「ゴミ箱」を空にする

  • 「ゴミ箱」をクリックし、Finder ウインドウの右上隅にある「空にする」ボタンをクリックします。Finder」>「ゴミ箱を空にする」と選択することもできます。

    警告メッセージが表示されたら、「ゴミ箱を空にする」をクリックします。

「ゴミ箱」の警告メッセージが表示されないようにする

  • 1 回のみ:「空にする」をクリックするか、「ゴミ箱を空にする」を選択するときに、Option キーを押します。

  • 常に:「Finder」環境設定の「詳細」パネルで、警告をオフにします。「Finder」>「環境設定」と選択してから、「詳細」をクリックし、「ゴミ箱を空にする前に警告を表示」を選択解除します。

ゴミ箱を空にする前に項目を削除しないことにした場合

  • 「ゴミ箱」をクリックして開き、その項目をドラッグして「ゴミ箱」から出すか、その項目を選択して「ファイル」>「戻す」と選択します。

30 日後にゴミ箱から項目を自動的に削除する

  • 「Finder」>「環境設定」と選択し、「詳細」をクリックしてから、「30 日後にゴミ箱から項目を削除」を選択します。

注記:お使いの Mac から削除された項目は完全に削除されます。iCloud.com で iCloud から削除された項目は復元できる可能性があります。