絵文字、アクセント記号付きの文字、記号を Mac で入力する方法

macOS では、絵文字や通貨記号などの特殊文字を簡単に探して、入力できます。

絵文字やその他の記号を入力する

文字入力の際は、文字ビューアを使って、顔文字、装飾記号、その他の記号を挿入できます。

  1. 書類やメッセージで、文字を表示したい位置をクリックします。
  2. 「control + command + スペースバー」を押します。文字ビューアのポップアップウインドウが開きます。
    絵文字メニュー
  3. ウインドウの上部の検索フィールドを使うか、または、 をクリックしてウインドウを拡大表示にすると、さらに文字が表示されます。
    文字ビューア
  4. 必要な文字が見つかったら、その文字をクリックまたはダブルクリックしてテキストに挿入します。

メッセージ App でも、右下隅の 絵文字ボタン をクリックすると文字ビューアのポップアップウインドウが開きます。macOS Sierra 以降では、メッセージ App で送る絵文字は、挿入先のテキストと同じサイズで表示されます。ほかにテキストを使わず、絵文字だけをいくつか送信した場合は、絵文字は 3 倍大きく表示されます。

アクセント記号付きの文字を入力する

アクセント記号付き文字など、ある文字の代用文字を入力するには、代用文字の候補が表示されるまで、その文字キーを押し続けます。 

表示される文字の中から 1 つ選択するには、文字の下に表示される番号を入力するか、その文字をクリックします。キーを押した後で、アクセント記号付き文字を入力するのをやめる場合は、そのまま別の文字を入力するか、エスケープ (「esc」) キーを押します。

代用文字のない文字キーの場合は、押してもアクセント記号付き文字のメニューが表示されません。このメニューは、システム環境設定の「キーボード」パネルで、「キーのリピート」スライダが「切」に設定されている場合も表示されません。

文字を繰り返し入力する

一部のキーは、入力する場所によっては、長押しすると文字が繰り返し入力されます。ほとんどの App では、スペースバーや記号キー (ハイフンや等号) を長押しすると、それらの文字が繰り返し入力されます。アクセント記号付き文字を使わない App (計算機、Grapher、ターミナルなど) では、文字キーや数値キーも長押しすると繰り返し入力されます。

文字が繰り返し入力されない場合は、システム環境設定の「キーボード」パネルで、「キーのリピート」スライダが「切」に設定されていないことをご確認ください。キーがお使いの App で繰り返し入力される仕様になっていない場合は、該当する文字をクリップボードにコピーしてから、「command + V」キーを押して、文字や単語を繰り返しペーストしてください。

公開日: