macOS High Sierra

どのアプリケーションがカレンダーとリマインダーにアクセスできるかを制御する

アプリケーションおよび Web サイトの中には、ユーザが持っているカレンダーおよびリマインダーを使ってサービスや機能を提供するものがあります。たとえば、イベントのスケジュールやリマインダーを設定するのに、アプリケーションがカレンダーを使用する場合があります。

カレンダーおよびリマインダー情報の使用を許可するアプリケーションを指定できます。

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「セキュリティとプライバシー」をクリックし、「プライバシー」をクリックします。

    「プライバシー」パネルを開く

  2. 「カレンダー」をクリックします。

  3. アプリケーションの横のチェックボックスを選択すると、カレンダーとリマインダーの情報へのアクセスが許可されます。チェックボックスの選択を解除すると、そのアプリケーションのアクセスが切になります。

    アプリケーションのアクセスを切にした場合は、そのアプリケーションでその情報を次回使用しようとしたときに、入に戻すかどうかの確認を求められます。

他社製アプリケーションまたは Web サイトにカレンダーおよびリマインダー情報の使用を許可する場合は、Apple の個人情報取り扱いに関するポリシーではなく、各社の条件および個人情報取り扱いに関するポリシーが適用されます。各社の条件および個人情報取り扱いに関するポリシーを確認し、個人情報がどのように取り扱われ、使用されるのかを理解しておいてください。詳しくは、Apple のプライバシーポリシーを参照してください。