macOS High Sierra

通知を受信する/停止する

多くのアプリケーションで、通知を使用してイベント、アップデート、または変更について知らせることができます。通知は、画面の右上隅に一時的に表示させることも、消すまでそのまま表示させることも可能です。

画面の右上隅にある「カレンダー」アプリケーションと「リマインダー」アプリケーションの通知。

「通知」環境設定でオプションを設定して、通知の表示方法を変更したり、停止または一時停止したりできます。

受信した通知を確認する

  • 詳細情報を入手する:「表示」をクリックするか、通知をクリックします。

  • メールまたはテキストメッセージに応答する:「返信」をクリックします。

  • AirDrop 項目をデスクトップに保存する:項目を通知からデスクトップにドラッグします。(それ以外の場合、AirDrop 項目は「ダウンロード」フォルダに保存されます。)

  • 着信に応答する:「出席」または「欠席」をクリックします。「メッセージ」アプリケーションを使用して返信するときは、「拒否」の横の開閉用三角ボタンをクリックしてから、「メッセージで返信」を選択します。

  • ソフトウェアをアップデートするタイミングを選択する:「後で行う」をクリックしてから、時間を選択します。アップデートについて詳しくは、Mac を最新の状態に保つを参照してください。

  • 通知を繰り返す:「再通知」をクリックします。15 分後にもう一度通知が表示されます。通知がもう一度表示される時間を選択するには、「再通知」をクリックしたまま時間を選択します。

通知を停止する/一時停止する

「通知」環境設定でオプションを設定して、特定のアプリケーションの通知を切にしたり、すべての通知を一時停止したりできます。アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「通知」をクリックします。

「通知」環境設定を開く

  • アプリケーションの通知を切にする:「通知」環境設定の左側でアプリケーションを選択してから、右側にあるアプリケーションの通知スタイルで「なし」を選択します。これ以降、そのアプリケーションの通知を受信しなくなります。

  • 特定の時間の間、通知を停止する:「通知」環境設定の左側で「おやすみモード」を選択して、オプションを設定します。

  • 通知を一時的に停止する:Option キーを押しながら、の「通知センター」アイコン メニューバー をクリックします。または、アイコンをクリックして通知センターを開き、下にスワイプしてから、「おやすみモード」を入にします。「通知」環境設定の設定に基づいて、深夜まで、日の出まで、切にするよう設定した時刻まで、またはユーザが切にするまで、入のままになります。

おやすみモードが入のとき、メニューバーの通知センターのアイコンは淡色表示されています。通知の着信は、表示されたり聞こえたりすることはありません。通知センターで収集され、後で確認できます。