macOS High Sierra

Mac をマルウェアから保護する

macOS には、悪質なソフトウェア、つまりマルウェアから Mac と個人情報を保護するためのさまざまな機能があります。よくあるマルウェアの配信方法の 1 つとして、無害に見えるアプリケーションに埋め込んで配信する方法があります。

信頼できるソースから入手したソフトウェアのみを使用することによって、このようなリスクを減らすことができます。「セキュリティとプライバシー」環境設定の設定を使って、Mac 上にインストールされたソフトウェアのソースを指定することができます。

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「セキュリティとプライバシー」をクリックし、「一般」をクリックします。

    「一般」パネルを開く

  2. カギのアイコン をクリックしてロックを解除してから、管理者の名前およびパスワードを入力します。

  3. インストールを許可するソフトウェアのソースを選択します:

    • App Store:Mac App Store からダウンロードしたアプリケーションのみを許可します。これは最も安全な設定です。Mac App Store にあるアプリケーションの開発元はすべて Apple により確認済みであり、各アプリケーションは受け入れの前に確認されます。アプリケーションを最初に開く前に、macOS により、開発元が出荷した後に変更されていないことが確認されます。アプリケーションに問題が発生したことがある場合は、Apple により Mac App Store から削除されます。

    • App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可:Mac App Store からダウンロードしたアプリケーションと、確認済みの開発元から入手したアプリケーションを許可します。Mac App Store の外部からのアプリケーションは確認されていませんが、確認済みの開発元は Apple に登録されています。アプリケーションで問題が発生した場合は、Apple がその承認を取り消すことができます。アプリケーションを最初に開く前に、macOS により、開発元が出荷した後に変更されていないことが確認されます。

アプリケーションだけでなくほかのタイプのファイルも、安全であるかどうかは分かりません。スクリプト、Web アーカイブ、および Java アーカイブがシステムに損害を与える場合があります。もちろん、このようなファイルがすべて危険というわけではありませんが、このようなダウンロードしたファイルを開く際は注意が必要です。このようなファイルをはじめて開こうとしたときには、警告が表示されます。詳しくは、セキュリティ設定を無効化してアプリケーションを開くを参照してください。