macOS High Sierra

どのアプリケーションが場所を検出できるかを管理する

位置情報サービスを使用すると、アプリケーションおよび Web サイトで Mac の現在地に基づく情報を収集および使用できます。おおよその現在地は、ローカルの Wi-Fi ネットワークからの情報を使って求められ、個人を特定しない方法で位置情報サービスによって収集されます。

位置情報サービスを切にする

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「セキュリティとプライバシー」をクリックし、「プライバシー」をクリックします。

    「プライバシー」パネルを開く

  2. 「位置情報サービス」をクリックします。

  3. カギのアイコン をクリックしてロックを解除してから、管理者の名前およびパスワードを入力します。

  4. 「位置情報サービスを有効にする」の選択を解除します。

    Mac の位置情報サービスを切にすると、正確な位置情報は Apple に送信されなくなります。関連性のある検索候補を提示するために、Apple はあなたのインターネット回線の IP アドレスを使用して、地図上の区域と照合することにより、おおよその位置情報を推測する場合があります。

    位置情報サービスを無効にしていても、他社製アプリケーションまたは Web サイトがほかの方法で現在地を特定する場合があります。ただし、安全上の目的のため、位置情報サービスを有効にしているかどうかにかかわらず、救助に役立つように緊急電話でお使いの Mac の位置情報が使用される場合があります。

どのアプリケーションとシステムサービスが位置情報サービスを使用できるかを指定する

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「セキュリティとプライバシー」をクリックし、「プライバシー」をクリックします。

    「プライバシー」パネルを開く

  2. 「位置情報サービス」をクリックします。

  3. カギのアイコン をクリックしてロックを解除してから、管理者の名前およびパスワードを入力します。

  4. アプリケーションの横のチェックボックスを選択すると、位置情報サービスの使用が許可されます。チェックボックスの選択を解除すると、そのアプリケーションの位置情報サービスが切になります。

    アプリケーションの位置情報サービスを切にした場合は、そのアプリケーションで位置情報データを次回使用しようとしたときに、入にし直すかどうかを求められます。

  5. アプリケーションのリストの下部までスクロールして「システムサービス」を表示してから、「詳細」ボタンをクリックして、自分の現在地を使用する特定のシステムサービスを確認します。

    位置情報に基づく検索候補は、Safari の検索候補Spotlight の検索候補での Mac の位置情報の使用を許可します。

    「利用頻度の高い場所」では、「マップ」、「カレンダー」、「写真」などで便利な位置ベースの情報を提供するために、ユーザにとって重要な場所の情報を Mac で特定することを許可します。「利用頻度の高い場所」は暗号化されるため、Apple が読むことはできません。「詳細」をクリックし、特定されている場所のリストを表示します。リストの場所を選択して削除したり、「履歴を消去」をクリックしてすべての場所を削除したりすることができます。

他社製アプリケーションまたは Web サイトに現在地の情報の使用を許可する場合は、Apple の個人情報取り扱いに関するポリシーではなく、他社の条件および個人情報取り扱いに関するポリシーが適用されます。各社の条件および個人情報取り扱いに関するポリシーを確認し、位置情報がどのように取り扱われ、使用されるのかを理解しておいてください。

Safari の検索候補」および「Spotlight の検索候補」を使用すると、「Safari」または Spotlight に検索クエリーを送信するときに、お使いの Mac の位置情報が Apple に送信されます。このため、より適切な検索候補が表示されるようになり、ほかの Apple の製品やサービスが改善されます。

詳しくは、Apple のプライバシーポリシーを参照してください。