macOS High Sierra

書類をプリントする

  1. 書類を開いた状態で、「ファイル」>「プリント」と選択するか、Command + P キーを押します。

    「プリント」ダイアログが開き、プリントしたときに書類がどのように見えるかを示す小さなプレビューが表示されます。プレビューの下の矢印をクリックするとページがスクロールします。

    「プリンタ」ポップアップメニューに表示されるアイコンは、プリンタの状況を表します。「プリント」ダイアログにプリントジョブの小さいプレビューが表示されます。「詳細を表示」ボタンをクリックすると、すべてのプリントオプションが表示されます。

    ヒント:「プレビュー」アプリケーションでフルサイズプレビューを表示するには、「PDF」ポップアップメニューをクリックしてから、「プレビューで PDF を開く」を選択します。

  2. 「プリント」ダイアログの設定がそのままで問題ない場合は、「プリント」をクリックするだけです。それ以外の場合は、手順 3 に進みます。

  3. 次の一般プリント設定を必要に応じて選択します(一部の設定については「詳細を表示」をクリックしないと表示されない場合があります):

    • プリンタ:使用したいプリンタを選択します。使用したいプリンタが表示されない場合は、追加できます。手順については、プリンタを追加する/削除するを参照してください。使用したいプリンタの横にアイコンが表示されている場合は、問題を解決する必要がある可能性があります。プリンタの状況を確認するを参照してください。

    • プリセット:プリセットとはプリント設定のグループのことです。ほとんどの場合はデフォルト設定を使用できますが、以前のプリントジョブから保存した設定グループを選択することもできます。テーマについて詳しくは、プリント設定を保存して後で使用するを参照してください。

    • 部数:プリントしたい部数を指定します。書類のすべてのページをプリントしてから次の部をプリントするには、「詳細を表示」をクリックし、プリント・オプション・ポップアップ・メニューをクリックし、「用紙処理」を選択してから、「丁合い」を選択します。

    • 白黒:お使いのプリンタがサポートしている場合は、選択すると白黒でプリントされます。

    • 両面:お使いのプリンタがサポートしている場合は、これを選択すると用紙の両面にプリントされます(両面プリントとも呼ばれます)。

    • ページ:すべてのページ、現在のページ、またはページの範囲を選択してプリントすることができます。

    • 方向:ボタンをクリックすると、縦または横方向に切り替わります。

プリントオプションについて詳しくは、プリントの詳細設定を選択するを参照してください。

お使いのプリンタとアプリケーションに応じて、「プリント」ダイアログに表示されるオプションは変わります。これらの手順が見ているものと異なる場合は、メニューバーの「ヘルプ」をクリックして、使用しているアプリケーションのマニュアルを確認してください。

ヒント:書類をプリントしたときに、余白が想定外のサイズだった場合や収まらないテキストがあった場合は、アプリケーションの用紙サイズの余白設定と選択したプリンタの用紙設定のプリントされない領域が一致していない可能性があります。用紙サイズに対するプリントされない領域をゼロに設定してみてください。用紙サイズに関連付けられたプリントされない領域の設定方法について詳しくは、カスタムの用紙サイズを作成するを参照してください。