macOS High Sierra

開いているウインドウおよび操作スペースを Mission Control で表示する

Mission Control には、デスクトップ上で開いているすべてのウインドウが 1 つのレイヤーに整理されるため、必要なものを簡単に見つけることができます。フルスクリーン表示または分割表示のアプリケーション、および作成したデスクトップ領域は、画面の上端に表示される Spaces バーにサムネールとして表示されます。

Mission Control で複数のウインドウが開き、画面上部に Spaces バーが表示されているところ。

ヒント:分割表示の 2 つのアプリケーションをすばやく使用するには、Mission Control にあるウインドウを、Spaces バーのフルスクリーン表示のアプリケーションのサムネールの上にドラッグしてから、そのサムネールをクリックします。

Mission Control に入る/出る

  • トラックパッド:入るときは、3 本の指を使って上にスワイプします。出るときは、下にスワイプします。「トラックパッド」環境設定で、トラックパッドのジェスチャを切にしたり変更したりできます。

  • キーボード:入ったり出たりするときは、Mission Control キー を押すか(または、Control Strip を使用するか)、Control +上矢印キーを押します。「Mission Control」環境設定でキーボードショートカットを変更できます。

開いているすべてのウインドウを表示する/移動する

  • 現在のアプリケーションで開いているウインドウをすべて表示する:Option +↓キーを押します。「トラックパッド」環境設定で「アプリケーション Exposé」が選択されている場合は、3 本指で下にスワイプすることもできます。デスクトップに戻るには、もう一度キーを押すか、下にスワイプします。

  • 開いているすべてのウインドウをアプリケーション別にグループ分けして表示する:「Mission Control」環境設定で「ウインドウをアプリケーションごとにグループ化」を選択して、Mission Control に入ります。

  • 開いているウインドウをデスクトップ上の 1 つのレイヤー内に移動する:Command + Mission Control キー を押します。ウインドウを元の位置に戻すには、そのキーをもう一度押します。

  • 開いているウインドウをほかの場所に移動する: トラックパッド上で親指と 3 本指を押し広げます。 ウインドウを元の場所に戻すには、トラックパッド上で親指と 3 本指を閉じます。

キーボードショートカットは「Mission Control」環境設定で変更でき、トラックパッドのジェスチャは「トラックパッド」環境設定で切にしたり変更したりできます。

Mission Control を使用して項目をコピーする/移動する

多数のウインドウまたはアプリケーションが開いていて、それらやデスクトップの間で項目をコピーまたは移動する必要がある場合は、Mission Control で簡単に実行できます。

  • テキストまたはイメージをウインドウ間でコピーする:項目をコピーした後、Mission Control に入って開いているすべてのウインドウを表示し、ウインドウをクリックしてそのウインドウに移動してから、項目をペーストします。

  • ファイルまたはフォルダをデスクトップにコピーする:項目をコピーした後、Command + Mission Control キー を押してすべてのウインドウをほかの場所に移動してデスクトップを表示してから、項目をペーストします。同じキーをもう一度押すと、ウインドウが元の場所に戻ります。

  • ファイルまたはフォルダをデスクトップに移動する:ウインドウから項目のドラッグを始め、Command + Mission Control キーを押してすべてのウインドウをほかの場所に移動してデスクトップを表示してから、項目をドロップします。同じキーをもう一度押すと、ウインドウが元の場所に戻ります。

「Mission Control」環境設定で Mission Control を使用するためのオプションとショートカットを設定できます。アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「Mission Control」をクリックします。

「Mission Control」環境設定を開く