macOS High Sierra

サウンド入力設定を変更する

Mac に入力用と出力用の別々のポートがある場合は、サウンド入力ポートとしてマイクのアイコンが表示されます。Mac にサウンドポートが 1 つしかない場合はヘッドフォンのアイコン(オーディオポートのアイコンが表示され、入力と出力の両方に使用できます。

コンピュータの内蔵マイク、ディスプレイのマイク(マイク内蔵の場合)、またはコンピュータのサウンドポートに接続されている外部マイクを使用できます。

始める前に、「サウンド」環境設定の「入力」パネルを開いてください(アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「サウンド」をクリックしてから「入力」をクリックします)。

「入力」パネルを開く

サウンド入力装置を選ぶ

  • 入力装置のリストから、使用したい装置を選択します。リストには、お使いの Mac で使用できるすべてのサウンド入力が表示されます。ディスプレイに内蔵マイクがある場合は、「ディスプレイオーディオ」として表示されます。

サウンド入力の設定を調整する

  • コンピュータのサウンドポートでサウンドを収録する場合は、入力の音量を調整して、サウンド入力源の音量が大きすぎたり小さすぎたりしているのを補正することができます。

    たとえば、大音量の音楽を収録する場合は、入力音量を下げて、収録したサウンドが大きすぎたり歪んだりしないようにします。また、静かに話す人の声を収録する場合は、入力音量を上げて、その人の声をより鮮明に Mac に収録することができます。

    コンピュータの内蔵マイクを使用しているときに雑音の収録を抑えるには、「環境ノイズリダクションを使用」を選択します。このオプションは、「Audio MIDI 設定」で 4 チャンネルの内蔵マイク形式が選択されている場合は利用できません。

    注記:コンピュータのつまみを使用してデジタル入力装置の入力音量を調節することはできません。レシーバーなどのソースから入力音量を調節する必要があります。