macOS High Sierra

メニューバーの内容

メニューバーは画面の一番上に横方向に表示されます。メニューバーのメニューとアイコンを使って、コマンドを選択したり、タスクを実行したり、状況を確認したりします。

メニューバー。左側にアップルメニューとアプリケーションメニューがあります。右側に状況メニュー、Spotlight、Siri、および通知センターのアイコンがあります。

「一般」環境設定で、メニューバーを自動的に非表示にするようにオプションを設定できます。その後は、ポインタを画面上部に移動したときだけ表示されるようになります。

アップルメニュー

画面の左上隅にアップルメニューが表示されます。ここにはアプリケーションをアップデートしたり、「システム環境設定」を開いたり、画面をロックしたり、Mac をシステム終了したりする、頻繁に実行するコマンドが含まれています。詳しくは、アップルメニューとは?を参照してください。

アプリケーションメニュー

アプリケーションメニューはアップルメニューの横にあります。使用中のアプリケーション名が太字で表示され、その次にほかのメニューが表示されます。ほとんどの場合、「ファイル」、「編集」、「フォーマット」、「ウインドウ」などの標準的な名前のメニューがあります。すべてのアプリケーションに「ヘルプ」メニューがあり、アプリケーションの使用方法に関する情報を簡単に確認できます。詳しくは、Mac 内蔵のヘルプを使用するを参照してください。

アプリケーションメニュー。

各メニューには、ほとんどのアプリケーションで利用できるコマンドが含まれています。たとえば、多くの場合「開く」コマンドは「ファイル」メニューにあります。メニューコマンド内の記号については、メニューに表示される記号を参照してください。

ステータスメニュー

メニューバーの右端には、通常アイコンで表示されるステータスメニューがあります。 これらのメニューを使用して、Mac の状況を確認したり、Wi-Fi のオン/オフ切り替えやコンピュータのバッテリー充電の確認などの機能にすばやくアクセスしたりします。

ステータスメニュー。

絵文字ビューア音量コントロールアイコンなどのステータスメニューを追加できます。アプリケーションをインストールするとき、一部のアプリケーションのステータスメニューを追加することもできます。

ステータスメニューのアイコンの配置を変更するには、Command キーを押したままアイコンをドラッグします。アイコンを削除するには、Command キーを押したままアイコンをメニューバーの外にドラッグします。

Spotlight

ステータスメニューの次に表示されている「Spotlight」アイコン をクリックし、Spotlight を使用して Mac 内の項目の検索などを行います。

Siri

「Spotlight」アイコンの隣には「Siri」アイコン があり、これをクリックして Siri に頼んで、ファイルやアプリケーションを開いたり、Mac またはインターネットで検索したりします。Siri が返す結果は、すぐに使えるようにデスクトップや通知センターに簡単に保存できます。

通知センター

メニューバーの右端で、「通知センター」アイコン をクリックして通知センターを使用し、今日の予定の詳細を表示したり、未対応の通知を確認したりできます。