macOS High Sierra

書類でカラーを使用する

ほとんどの macOS アプリケーションでは、「カラー」ウインドウを使用して(または、Touch Bar のカラーコントロールを使用して)、書類の中のテキストやオブジェクトの色を変更できます。また、書類にカラープロファイルを割り当てて、画面上に表示される色を、印刷したときや別のコンピュータで表示したときの書類の色と一致させることもできます。

「カラー」ウインドウ。ツールバーのカラーつまみ、カラーパレット、イメージパレット、および鉛筆のボタンと、カラーホイールが表示されています。
  1. 書類で「フォーマット」>「カラーパネルを表示」または「フォーマット」>「フォント」>「カラーパネルを表示」と選択して「カラー」ウインドウを開きます。

    アプリケーションによっては、アプリケーションのツールバーまたは設定パネルのボタンをクリックできます。

  2. 次のいずれかを実行します:

    • 選択したテキストまたはオブジェクトの色を選ぶ:ウインドウの上部にあるカラーホイール、つまみ、パレット、イメージ、または鉛筆ボタンをクリックしてから色をクリックします。つまみを使用するか値を入力する方法で調整すれば、より正確なカラーを指定することができます。

    • 色を保存して再利用する:ウインドウの下部で、左側のカラーウェルから右側の空欄のウェルに色をドラッグします。色を削除するには、カラーウェルから空欄(白色)のウェルを削除したい色へドラッグします。色を追加する必要がある場合は、「カラー」ウインドウを拡張します。

    • カラープロファイルを割り当てる:「カラーつまみ」ボタンをクリックし、ポップアップメニューからつまみ(「CMYK つまみ」など)を選択します。必要である場合は、つまみを使用するか値を入力して色を調整します。次に、ポップアップメニューの横にある「カラープロファイル」設定ボタン をクリックして、プロファイルを選択します。

プロファイルを割り当てても書類の色が正しく表示されない場合は、使用中のアプリケーションがカラープロファイルを認識していない可能性があります。汎用バージョンのプロファイルを割り当ててみてください。

「ColorSync ユーティリティ」を使用して、独自のカスタムカラープロファイルを作成できます。

「ColorSync ユーティリティ」を開く