macOS High Sierra

Mac の起動時にログインウインドウが表示されない場合

Mac がログインウインドウを表示せずに起動する場合は、ログインウインドウを使わず特定のユーザに自動的にログインするように設定してあります。

重要:自動ログインを許可すると、Mac を再起動するだけで、だれでも Mac にアクセスできるようになります。自動ログインを有効にする場合でも、管理者として自動的にログインするようには設定しないでください。FileVault が入の場合は、自動ログインが無効です。

複数の人が Mac を共有している場合は、それぞれの人に個別のユーザアカウントを追加し、自動ログインを切にすることをお勧めします。個別のユーザアカウントを作成することで、各ユーザの情報と設定が保護されます。

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「ユーザとグループ」をクリックし、「ログインオプション」をクリックします。

    「ユーザとグループ」環境設定の「ログインオプション」パネルを開く

  2. カギのアイコン をクリックしてロックを解除してから、管理者の名前およびパスワードを入力します。

  3. 「自動ログイン」ポップアップメニューをクリックしてから、「切」を選択します。

Mac の次回の起動時にはログインウインドウが表示され、ログインするユーザの名前とパスワードの入力が要求されます。