macOS High Sierra

Mac のロックを Apple Watch で解除する

Apple Watch を装着しているときは、それを使ってパスワードを入力せずに Mac をスリープ解除してロック解除できます。

「自動ロック解除」画面。画面中央のメッセージに Mac が Apple Watch によってロック解除されていることが示されています。

注記:自動ロック解除を使用するには、Mac(Mid 2013 以降のモデル)に macOS Sierra 以降、Apple Watch に watchOS 3 以降がインストールされている必要があります。両方のデバイスで同じ Apple ID を使用して iCloud にサインインし、Apple ID の 2 ファクタ認証がオンになっている必要があります。Apple Watch がロック解除されていることを確認します。

  • Mac で自動ロック解除をオンにする:アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して、「セキュリティとプライバシー」環境設定をクリックしてから、「Apple Watch でこの Mac のロックを解除できるようにする」チェックボックスを選択します。

    「セキュリティとプライバシー」環境設定を開く

    必要に応じて、パネル下部のロックアイコン をクリックし、管理者の名前とパスワードを入力します。

  • Mac をロック解除する:キーボードの任意のキーを押すか(ノート型の場合は)ディスプレイを開くことで、Mac を待機状態から復帰させます。Mac がロック解除されていることが画面で示されます。

Mac が自動ロック解除をサポートしているかどうかは、「システム情報」で確認できます。アップルメニュー>「この Mac について」と選択して、「システムレポート」をクリックしてください。サイドバーで「ネットワーク」>「Wi-Fi」とクリックし、「自動ロック解除」のインターフェイスセクションを確認します。

あなたが Mac の管理者であり、他にユーザがいる場合は、そのユーザの Apple ID が 2 ファクタ認証を使用し、そのユーザの Apple Watch に watchOS 3 がインストールされている場合に限り、あなたはそのユーザアカウントにログインして自動ロック解除をオンにできます。