Mac が然るべき時にスリープ/スリープ解除しない

Mac のスリープ/スリープ解除の動作は、該当する設定や、App、ネットワーク、接続先のデバイスの活動状況によって左右されます。

Mac が突然スリープする場合

Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「省エネルギー」をクリックして、省エネルギー設定が適切かどうかを確認してください。以下のいずれかのコントロールを調整すると、Mac がスリープ状態になるタイミングが変わります。Mac のモデルによっては、一部のコントロールが表示されない場合があります。

  • 「ディスプレイを切にするまでの時間」スライダ
  • 「ディスプレイのスリープ」スライダ
  • 「コンピュータのスリープ」スライダ
    スライダを「しない」に設定すると、該当する機能についてはスリープが無効になります。
  • スケジュール」ボタン

Mac を意図せずスリープ状態にしていないか確認してください。

  • 電源ボタンを押して、Mac をスリープ状態にすることができます。
  • Mission Control の設定によっては、マウスのポインタをホットコーナーに移動すると、Mac をスリープ状態にすることができます。Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「Mission Control」をクリックします。「ホットコーナー」ボタンをクリックし、いずれかのコーナーが「ディスプレイをスリープさせる」に設定されていないか確認してください。
  • Mac ノートブックの近くで磁石を使うと、Mac がスリープ状態になることがあります。

Mac が予期通りにスリープしない場合

「省エネルギー」の設定を前述の通りに確認し、Mac を使わない状態が続かない限りは自動的にはスリープしない設定になっていることを確かめます。

  • Mac のスリープを解除するネットワーク機能が同様に、Mac のスリープを妨げることもあります。
  • Mac で実行されている App またはほかのプロセスも、Mac のスリープを阻止する可能性があります。アクティビティモニタの「エネルギー」パネルで、Mac のスリープを解除しておく必要がある App を確認します。「非スリープ」列に「はい」と表示される App がある場合、その App の実行中は Mac が自動的にスリープすることはありません。ほかの App は、音楽やビデオの再生、プリント、ファイルのダウンロードなどの特定の作業を実行している場合に限り、スリープを阻止します。

Mac ノートブックの macOS 復元から起動した場合、Mac が AC 電源を使っている間は自動スリープは無効になります。

Mac のスリープが突然解除される場合

Mac のスリープは、次のような動作が認められると解除される場合があります。

  • Wake on Demand 機能を使ったネットワーク経由の処理。たとえば、iTunes での共有、写真の共有、プリンタの共有、ファイル共有、「どこでもMy Mac」の使用などが該当します。
  • FaceTime、メッセージ、その他の App やサービスからの通知
  • Bluetooth 接続。Bluetooth デバイスが Mac のスリープを解除しないようにするには、Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「Bluetooth」をクリックします。「詳細設定」ボタンをクリックし、「Bluetooth デバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする」の選択を解除してください。

MacBook Pro (2016 以降) または MacBook (Retina, 12-inch, 2017) をお使いの場合、これらのモデルは蓋を開けたり電源に接続したりしたときに起動する仕様になっています。

Mac のスリープが予期通りに解除されない場合

Mac のスリープが解除される前に数秒ほど反応しなくなることがあります。 まったくスリープが解除されるようすがない場合は、以下の点を確認してください。

  • 画面の明るさが低く設定されている場合があります。
  • 外付けのディスプレイをお使いの場合、ディスプレイの電源が切れている。 
  • Mac がセーフスリープモードである可能性が考えられます。セーフスリープを解除するには、電源ボタンを押します。
  • スリープインジケータライト (装備されている場合) を調べて、Mac の電源が切れていないことを確かめてください。

上記の手順で問題が解消しない場合

さらに以下の手順を実行すると、問題の切り分けまたは解決につながる場合があります。

  • SMC をリセットします。
  • NVRAM をリセットします。
  • Apple 製のキーボード、マウス、およびディスプレイ以外の外付けデバイスを取り外します。これで問題が解決した場合は、デバイスを 1 台ずつ接続し、そのつどテストして、スリープに干渉していたデバイスが判明するまで続けます。判明したら、そのデバイスに付属の取扱説明書を調べるか、またはメーカーに問い合わせてください。
  • セーフモードで起動して、他社製の起動項目、ログイン項目、またはカーネル機能拡張が問題の原因ではないか確認します。
  • 別のユーザアカウントを使って問題を切り分けてみます。

問題が解決しない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

国または地域によっては FaceTime を利用できない場合があります。

公開日: