Mac で起動、スリープ解除、スリープ、再起動、システム終了の時刻を設定する

システム環境設定の「省エネルギー」パネルの「スケジュール」機能を使って、Mac が自動的に起動、スリープ解除、スリープ、再起動、システム終了するように、予定時刻を設定できます。 

  1. Apple () メニューから「システム環境設定」を選択し、「省エネルギー」をクリックします。 
  2. 「スケジュール」ボタンをクリックし、チェックボックスとポップアップメニューを使い、起動、スリープ解除、スリープ、再起動、システム終了する時刻を選択します。

自動的にシステム終了するには、システム終了の予定時刻に Mac がスリープ解除されていて、その時刻が過ぎても 10 分間はスリープ状態にならないことが必要です。システム終了が予定されている時刻にスリープ状態になっていると、システム終了する代わりにスリープ状態が継続します。スリープ状態になるまでの静止時間が 15 分未満に設定されている場合、システム終了する前にスリープ状態に戻ってしまうことがあります。Mac がスリープ状態でもシステム終了させるには、システム終了の予定時刻の 5 分前に起動またはスリープ解除するように設定しておきます。

 

 

公開日: