Mac のスリープを解除したときにプログレスバーが表示される場合

Mac のスリープを解除したときに、ディスプレイにプログレスバーが表示されることがあります。これは、Mac がセーフスリープから復帰中であることを示す正常な動作です。

セーフスリープの解除時のプログレスバー

セーフスリープでは、バッテリーが完全に消耗したせいでコンピュータがシステム終了した場合でも、メインメモリに保存されているデータが消失しません。 

Mac がスリープ状態になる前に、デスクトップ設定、開いているアプリケーション、そのとき行っていた作業の内容など、メインメモリの内容がハードドライブに自動的に保存されます。 

以下の 2 つの状況下では、Mac がセーフスリープ状態になります。

  1. コンピュータがスリープ状態の間にバッテリーが完全に消耗した場合、コンピュータはシステム終了します。電源アダプタを接続すると、コンピュータを再起動できます。電源ボタンを押すと、スリープに入る前の状態のデスクトップに自動的に戻るので、簡単に作業の続きに取りかかれます。
  2. OS X Mountain Lion v10.8.2 追加アップデート 2.0 では、Mac を AC 電源に接続した状態で 4 時間が経過するとセーフスリープ状態になる新機能が導入されました。これは、欧州の待機電力基準 (ErP Lot6) への適合を目的にしたもので、ネットワークアクティビティが行われておらず、外付けのハードドライブなどの接続先デバイスからのアクティビティもない場合に、セーフスリープ状態になります。 

以下のモデルでスリープを解除する際は、セーフスリープのプログレスバーが表示されます。

  • MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015) 以降
  • MacBook Pro (Mid 2012) 以降
  • MacBook Pro (Retina, Mid 2012) 以降
  • MacBook Air (Mid 2012) 以降
  • iMac (Late 2012) 以降
  • Mac mini (Late 2012) 以降
公開日: