macOS High Sierra

サウンド出力設定を変更する

サウンドは、コンピュータの内蔵スピーカー、ディスプレイのスピーカー(スピーカー内蔵の場合)を通して、または Mac に接続されているか、AirPlay を使ってワイヤレスで使用できるスピーカーやヘッドフォンなどの機器を通して再生することができます。

始める前に、「サウンド」環境設定の「出力」パネルを開いてください(アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「サウンド」をクリックしてから「出力」をクリックします)。

「出力」パネルを開く

サウンド出力装置を選ぶ

  • サウンド出力装置のリストから、使用したい装置を選択します。リストには、コンピュータの内蔵スピーカー、コンピュータのサウンドポート(オーディオポートのアイコンに接続されている装置、USB スピーカー、AirPlay デバイスなど、お使いの Mac で使用できるすべてのサウンド出力装置が表示されます。

    コンピュータのサウンドポートに接続されている装置の場合は、「ヘッドフォン」を選択します。

サウンド出力の設定を調整する

  • 「環境設定」パネルにあるコントロールを使用して、サウンド出力のバランスと音量を調整できます。「メニューバーに音量を表示」チェックボックスにチェックマークを付けると、メニューバーに音量コントロールが表示されて、どこからでも音量を上げる/下げることができるようになります。通知音に別の音量を設定するには、「サウンドエフェクト」をクリックします。

    お使いの Mac と装置によっては、「Audio MIDI 設定」アプリケーションを使用して、ほかの音量オプションを設定できる場合もあります。

    「Audio MIDI 設定」を開く

    音量調節できるアプリケーション(「iTunes」や「iMovie」など)を使用している場合、音量設定をコンピュータの出力音量より大きくすることはできません。「サウンド」環境設定で選択する設定は、無効になりません。