macOS High Sierra

Touch Bar で VoiceOver を使用する

お使いの Mac に Touch Bar がある場合は、VoiceOver を使用して、Touch Bar 上で直接ジェスチャを実行して、Touch Bar 内の項目を選択したりアクティブにしたりできます。すでに iPhone または iPad で VoiceOver を使っている場合は、ジェスチャに馴染みがあるでしょう。

Touch Bar を使って VoiceOver のオン/オフを切り替えるには、キーボードの Command キーを押したまま、Touch ID をすばやく 3 回押します。

  • 項目間を移動する:Touch Bar 上で右または左に指をスライドさせる、つまりスワイプします。Touch Bar 内を移動すると、現在選択されている項目が読み上げられ、アウトラインが表示されます。また、スライドさせると、空白の領域を示すサウンドエフェクトが再生されます。

    Touch Bar 内の項目の周りに表示されるアウトラインは、画面上の項目の VoiceOver カーソルとは関係ありません。

  • 1 つの項目を選択する:項目を 1 回タップします。

  • 選択項目をアクティブにする:項目をダブルタップします。

  • 項目を選択してアクティブにする:項目をスプリットタップ(1 本の指で項目をタッチしたまま、別の指で Touch Bar 上の任意の場所をタップ)すると、アクティブになります。

スライダをドラッグして輝度、音量、または日時の範囲を調節するなどの一部の操作では、ダブルタップしたまま行うジェスチャが特に役立ちます。たとえば、上がり調子の音が 3 回聞こえるまで、Touch Bar 内の項目を指でダブルタップしたままにし、指を上げないでスライダをドラッグして動かします。

ヒント:VoiceOver がオンになっていると、ファンクションキー(F1 キーから F12 キーまで)を使う代わりに、VoiceOver 修飾キーで Fn キーと数字キーを使って VoiceOver コマンドを入力できます。たとえば、「VoiceOver ユーティリティ」を開くときは、Control + Option + Fn + 8 キー(Control + Option + F8 キーの代わり)を押すことができます。