iCloud に問題がある場合

iCloud へのサインイン時や iCloud の利用時に問題が起きた場合は、以下の手順で対処してください。

まず最初に

  1. iPhone、iPad、iPod touch、Mac、または Windows パソコンがインターネットに安定接続されているか確認します。
  2. Apple のシステム状況のページで、iCloud に影響するシステム停止や定期メンテナンスが進行中でないかどうかを調べます。
  3. iPhone、iPad、iPod touch を最新バージョンの iOS に、Mac を最新バージョンの macOS にアップデートします。iCloud のシステム条件について詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  4. すべてのデバイスで同じ Apple ID を使って iCloud にサインインしているか確認します。

さらにサポートが必要な場合

上記の手順を試しても問題が解決しない場合は、症状に合わせて以下の該当する手順をお試しください。

iPhone、iPad、iPod touch に iCloud の設定オプションが表示されない

デバイスに iOS 5 以降がインストールされているか確認します。インストールされていない場合は、最新バージョンにアップデートしてから、iCloud の設定をもう一度試してください。

iPhone、iPad、iPod touch で iCloud を設定中に Apple ID でサインインしようとすると「認証に失敗しました」というメッセージが表示される

Apple ID のアカウントページにアクセスして、サインインしてみます。サインインできない場合は、画面に表示される手順に従って Apple ID アカウントのパスワードをリセットします。

iPhone、iPad、iPod touch で iCloud にサインインしようとすると「未サポートの Apple ID」というエラーが表示される

Apple ID を作成した方法によっては、現在お使いの Apple ID では iCloud アカウントを作成できない場合があります。その Apple ID を iTunes Store、App Store、Game Center、FaceTime などのサービスで使える場合は iCloud でも使えます。詳しくは、iCloud サポートまでお問い合わせください。

Mac 上で iCloud にサインインしようとすると、認証要求が表示されてサインインできない

お使いの macOS ユーザアカウントに管理者権限があるかどうか (コンピュータの管理が許可されているかどうか) 確認します。管理者権限のない通常のユーザアカウントでログインしている場合は、「システム環境設定は、ディレクトリサービスの構成を変更しようとしています」というメッセージが表示されます。構成の変更を許可するには管理者の名前とパスワードを入力します。

管理者としてログインするには以下のように操作します (OS X Lion 10.7.5 以降)。

  1. Apple () メニューから「[ユーザ名] をログアウト」を選択します。
  2. 「ログアウト」ボタンをクリックします。
  3. ログイン画面で、管理者ユーザを選択してログインします。

Mac 上で iCloud にサインインしようとすると、メールアドレスが確認されていないという警告メッセージが表示されてサインインできない

「未確認のアカウント - アカウントの確認に関する手順が記載されたメールを確認してください」というメッセージが表示されてサインインできない場合は、以下のように対処します。

  1. システム環境設定の「iCloud」パネルを閉じ、もう一度開いてから、iCloud へのログインを再度試します。
  2. それでも問題が解決しない場合は、メールフォルダと迷惑メールフォルダを調べて、Apple から確認メールが届いていないか確認します。
  3. メールフォルダにも迷惑メールフォルダにも確認メールが届いていない場合は、システム環境設定の「iCloud」パネルで「確認メールを再送信」ボタンをクリックします。

iCloud.com、システム環境設定の「iCloud」パネル、Windows 用 iCloud、他社製の App でサインインしようとすると、ユーザ名やパスワードが違うという警告が表示される

  • サインイン時に Apple ID を正しく入力しているかどうか確認します。たとえば、Apple ID が username@me.com の場合、「username」の部分だけではなく、@ マーク以下を含むメールアドレス全体を入力しないとサインインできません。
  • 「caps lock」キーがオフになっていることを確認します。パスワードでは大文字と小文字が区別されます。
  • ほかのサービスで使っている別の Apple ID ではなく、iCloud に関連付けられた正しい Apple ID を使っているか確認します。
  • 他社製の App に Apple ID でサインインする場合は、必ず 2 ファクタ認証を使い、App 用パスワードを使ってサインインします。iOS 9 または OS X El Capitan にアップデートできるデバイスをお持ちでない場合は、代わりに 2 ステップ確認を設定できます。
    2 ファクタ認証または 2 ステップ確認が設定されているかどうかは iOS デバイスで確認できます。「設定」>「[ユーザ名]」>「パスワードとセキュリティ」の順に選択します。場合によっては、Apple ID のパスワードを入力する必要があります。
  • 必要に応じて、Apple ID のパスワードをリセットします。

iCloud と Apple のほかのサービス (オンラインの Apple Store、iTunes Store、Mac App Store など) で同じ Apple ID を使っている場合は、Apple ID のパスワードを変更すると、Apple のほかのサービスのパスワードもすべて変更されます。これらのサービスには変更後のパスワードでサインインしてください。また、Apple ID を使う可能性がある他社製 App については、必ず App 用パスワードを新たに作成してください。たとえば、Apple 以外の他社のメールサービスで iCloud メールを使う場合が該当します。

iCloud ストレージの上限に達した/超過したというメッセージが表示される

iCloud ストレージの上限に達したり超過したりした場合は、ストレージをアップグレードするか、空き容量を増やしてください。

Apple ID を使ってサインインすると追加情報の入力を求められる

iCloud には、Apple ID に現在登録されていない追加の情報が必要になる場合があります。入力を求められた場合は必要な情報を入力してください。

iCloud を設定しようとしたら、自分の居住する国や地域では iCloud を使えないというメッセージが表示された

国または地域によっては iCloud を利用できない場合があります。iCloud を利用可能な国または地域に住んでいるにもかかわらず上記のメッセージが表示される場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: