iCloud にバックアップできない場合

iCloud バックアップを使って iPhone、iPad、iPod touch をバックアップできない場合の対処法をご案内します。

iCloud ストレージが不足しているという警告が表示される場合

iCloud ストレージの空き容量がどれくらいあるのか確認してから、「次回作成時のサイズ」を調べてください。その後、iCloud に保存する情報量を減らすか、iCloud ストレージをアップグレードして、適宜対策します。 

iOS または iPadOS で iCloud ストレージの空き容量と「次回作成時のサイズ」を調べる

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」の順に選択します。
  2. 「iCloud」をタップします。iCloud ストレージの消費容量が一番上に表示されます。詳しくはこちら 
  3. 「ストレージを管理」をタップします。
  4. 「バックアップ」をタップし、ご利用のデバイスをタップします。「前回のバックアップ」と「バックアップのサイズ」の下に「次回作成時のサイズ」が表示されます。 

デバイスの「次回作成時のサイズ」が計算されるまで、数分かかる場合があります。 

iCloud ストレージの空き容量が少ない場合

  1. iCloud ストレージの空き容量を増やします。バックアップのサイズを小さくしたり、不要な情報を削除したりしましょう。 
  2. iCloud ストレージプランをアップグレードします。
  3. 問題が解決しない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

前回のバックアップが完成しなかったというメッセージが表示される場合

  1. Wi-Fi に接続されているか確認します。
  2. デバイスが最新の状態であるか確認します。
  3. 別の Wi-Fi ネットワークでバックアップしてみます。
  4. 問題が解決しない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

iCloud バックアップに思いのほか時間がかかる場合

  1. Wi-Fi に接続されているか確認します。
  2. アップロード速度を調べます。
  3. デバイスを電源と Wi-Fi に 24 時間接続したままにしておきます。それでもバックアップが終わらない場合は、重要なデータをアーカイブしてから、Apple サポートにお問い合わせください。 

iCloud バックアップのオプションがグレイ表示される場合

  1. 復元がすでに進行中ではないか確認します。デバイスの復元が終わったら、新しいバックアップを作成できます。
  2. iCloud バックアップを制限するプロファイルがインストールされていないか確かめます。「設定」>「一般」>「デバイス管理」の順に選択し、インストール済みのプロファイルのリストを確認してください。 

iCloud バックアップから復元できない場合

iCloud バックアップから復元できない場合は、こちらの記事を参照してください。 

公開日: