Apple ID を忘れた場合

Apple ID を忘れてしまったときの対処法についてご説明します。

Apple ID とは、Apple のさまざまなサービスにサインインする時に使うアカウントのことです。Apple ID を忘れた場合や、Apple ID を持っているかどうかわからない場合は、下記の方法で調べることができます。

別のメールアドレスでサインインしてみる

ほとんどの場合、Apple ID はご自分のメールアドレスと同じです。まず最初に、Apple ID に使ったことがあるかも⋯ と思われるメールアドレスを一つずつ使ってサインインしてみてください。

Apple ID アカウント管理ページで調べてみる

  1. Apple ID アカウント管理ページにサインインし、「Apple ID またはパスワードをお忘れですか?」をクリックします。
  2. 「サインインできませんか?」というページが表示されたら、「Apple ID をお忘れですか?」をクリックします。
  3. 名、姓、メールアドレスをそれぞれ入力します。入力したメールアドレスが違う場合 (「Apple ID が見つかりません」と表示される場合) は、「もう一度試す」をクリックして、別のメールアドレスを入力してみます。

すでに Apple ID でサインインしていないか調べてみる

もしかしたら、お使いのデバイス (iPhone、iPad、iPod touch、Mac など) 上で、すでに Apple ID でサインインしているサービスがあるかもしれません。すでにサインインしているサービスがある場合は、そこに Apple ID が表示されています。

     

iPhone、iPad、iPod touch 上では、以下の箇所を調べてみます。

  • 「設定」>「App & iTunes Store」の順にタップ
  • 「設定」>「iCloud」の順にタップ
  • 「設定」>「メッセージ」>「送受信」の順にタップ
  • 「設定」>「FaceTime」の順にタップ
  • 「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」の順にタップ

Mac または Windows パソコン上では、以下の箇所を調べてみます。

  • Apple メニュー >「システム環境設定」>「iCloud」の順に選択
  • メールを開いて、「メール」>「環境設定」>「アカウント」の順に選択
  • カレンダーを開いて、「カレンダー」>「環境設定」>「アカウント」の順に選択
  • FaceTime を開いて、「FaceTime」>「環境設定」>「設定」の順に選択
  • メッセージを開いて、「メッセージ」>「環境設定」>「アカウント」の順に選択

上記の方法で Apple ID が見つかってもパスワードを思い出せない場合は、パスワードをリセットしてください。

iTunes で以前購入したコンテンツを調べてみる

iTunes Store で以前に何か購入したことがある場合は、購入時に使った Apple ID を調べることができます。

   Apple ID、iTunes

ただし、購入時に使った Apple ID をその後変更した場合は、この方法では調べられません (この方法で調べられるのは、あくまで購入時点の Apple ID です)。

  1. iTunes を開きます。
  2. 以前に購入したコンテンツのいずれかをクリックします。音楽の場合は、「マイミュージック」の「購入したもの」(左側のサイドバー) に購入済みの曲が表示されます。
  3. 「編集」>「情報を見る」の順に選択します。
  4. 「ファイル」タブをクリックします。
  5. 「購入者」欄に、そのコンテンツの購入時に使った Apple ID が (丸かっこで囲まれて) 表示されます。

上記の方法で Apple ID が見つかってもパスワードを思い出せない場合は、パスワードをリセットしてください。

 

見つかった Apple ID を変更したい場合は、変更後、お使いになっている Apple のすべての App やサービスに対して新しい Apple ID でサインインし直すようお勧めします。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ちなみに Apple ID は 1 つあれば十分です。複数の Apple ID を使っていると、購入済みのコンテンツをダウンロードする時や Apple の各サービスを利用する時に紛らわしくてわからなくなる可能性があります。

FaceTime は一部の国では利用できません。

最終更新日: