Apple ID でサインインする

Apple ID は、Apple のすべてのサービスへのアクセスにお使いいただくアカウントです。お使いのすべてのデバイスをシームレスに連係させることができます。

iCloud、App Store、ミュージック、メッセージ、写真、FaceTime のアイコン

サインインする場面では、毎回どこででも同じ Apple ID を使ってください。iTunes Store と App Store、Apple Music、iCloud、iMessage、FaceTime などの Apple サービスを利用していれば、すでに Apple ID を作成してあるので、新たに作成する必要はありません。

Apple ID を忘れてしまった場合は、こちらの記事の手順にそって、Apple ID を調べてください。Apple ID を検索することもできます。Apple ID に紐付けられているフルネームとメールアドレスを入力してください*。

* 携帯電話の番号が Apple ID になっている場合、その Apple ID は検索できない可能性があります。

新しいデバイスの設定時にサインインする

   

Mac と iPhone の Apple ID サインイン画面

新しい iPhone、iPad、iPod touch、または Mac の電源を入れて設定する際に、Apple ID でサインインするように案内するメッセージが表示されます。サインインしたら、デバイス上で Apple サービスがすべて自動的に設定されます。

iCloud と iTunes に別々の Apple ID を使うなど、サインインの設定を後で変更する必要ができた場合は、デバイスの「設定」画面やシステム環境設定で変更できます。

 

 

デバイスをすでに設定してある場合は、iPhone、iPad、iPod touch の「設定」から、または Mac では個々のサービスから、簡単にサインインできます。

iTunes Store と App Store にはじめてサインインする際に、アカウントを保護するため、クレジットカードやその他のお支払い情報の追加が必要になる場合があります。iTunes Store や App Store に複数の Apple ID で同時にサインインしたり、別の Apple ID で購入したコンテンツをアップデートしたりすることはできません。Apple ID を作成した方法によっては、対象のデバイスで 2 ファクタ認証にアップグレードするように案内される場合があります。

iPhone の「Apple ID」画面

iPhone、iPad、iPod touch でサインインする

まず、デバイスを最新の iOS にアップデートしてください。

iOS 10.3 以降をお使いの場合は、iCloud、iTunes Store と App Store、iMessage、FaceTime、その他の Apple サービスにまとめて 1 か所でサインインします。

  1. 「設定」を開きます。
  2. 「[デバイス] にサインイン」をタップします。
  3. Apple ID とパスワードを入力します。
  4. アカウントを 2 ファクタ認証で保護している場合は、6 桁の確認コードを入力すると、サインイン完了です。

2 ファクタ認証を使っている場合は、信頼済みのデバイスや携帯電話番号にアクセスできないと、iPhone、iPad、iPod touch にサインインできません。

iOS 10.2 以前をお使いの場合は、以下の手順にそって、それぞれの Apple サービスに個別にサインインします。
 

iCloud アイコン

iCloud
「設定」>「iCloud」の順に選択します。Apple ID とパスワードを入力します。

「iTunes Store と App Store」のアイコン

iTunes Store と App Store
「設定」>「iTunes & App Store」の順に選択します。Apple ID とパスワードを入力します。

 

メッセージアイコン

iMessage
「設定」>「メッセージ」の順に選択し、iMessage をオンにします。ほかのアドレスを追加するには、「送受信」をタップします。

FaceTime アイコン

FaceTime
「設定」>「FaceTime」>「FaceTime に Apple ID を使用」の順にタップします。Apple ID とパスワードを入力します。

 

Apple Watch でサインインする

最新の watchOS にアップデートしてから、以下の手順にそって Apple ID でサインインしてください。

  1. iPhone で Watch App を開きます。
  2. 「一般」をタップし、「Apple ID」をタップします。
  3. Apple ID とパスワードでサインインします。

2 ファクタ認証を使っている場合は、iPhone などの信頼済みのデバイスにアクセスできなければ、Apple Watch にサインインできません。

Mac でサインインする

必ず最新の macOS にアップデートしてください。その上で、すべての Apple サービスにそれぞれ個別に同じ Apple ID でサインインします。

2 ファクタ認証を使っている場合は、信頼済みのデバイスや電話番号にアクセスできないと、Mac にサインインできません。
 

Mac の Apple ID サインイン画面

 

iCloud アイコン

iCloud
「システム環境設定」>「iCloud」の順に選択します。Apple ID とパスワードを入力します。「サインイン」をクリックします。

 

iTunes アイコン

iTunes
iTunes >「アカウント」>「サインイン」の順に選択します。Apple ID とパスワードを入力します。「サインイン」をクリックします。

 

iMessage アイコン

iMessage
「メッセージ」>「環境設定」>「アカウント」の順に選択します。Apple ID とパスワードを入力します。

 

FaceTime アイコン

FaceTime
FaceTime を開いて、Apple ID とパスワードを入力します。「サインイン」をクリックします。

 

Apple TV でサインインする

  1. ホーム画面から「設定」を選択します。
  2. 「アカウント」を選択し、「iTunes と App Store」を選択します。
  3. 「サインイン」を選択し、Apple ID とパスワードでサインインします。

Apple TV (第 2 または第 3 世代) で 2 ファクタ認証を使っている場合は、パスワードと併せて確認コードの入力も必要になることがあります。確認コードの入手方法については、こちらの記事を参照してください。

他社製のデバイスでサインインする

一部の他社製のデバイスでは、Apple ID を使って、Apple Music、Apple TV、Apple Store (オンライン) などの Apple のサービスにサインインできます。

Web 上でサインインする

Web 上で Apple ID アカウントの詳細情報を表示し、管理するには、appleid.apple.com でサインインしてください。写真、ビデオ、書類、メモ、連絡先などにアクセスするには、Mac や Windows パソコンで Web ブラウザを使い、iCloud.com にサインインできます。

iCloud と iTunes で別々の Apple ID を使う

iTunes Store や App Store、iCloud など、すべての Apple サービスにデバイス上で同じ Apple ID をお使いいただくことをお勧めします。複数の Apple ID を使うと混乱の原因となり、購入したコンテンツへのアクセスや一部のサービスの利用に問題が生じることがあります。

ただし、iCloud 用と iTunes Store/App Store 用にすでに別々の Apple ID を用意している場合は、以下の手順で設定してください。

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  • iOS 10.3 以降では、「設定」を開いて、「[デバイス] にサインイン」をタップします。iCloud で使いたい Apple ID を入力します。「設定」に戻り、下にスクロールして、「iTunes Store と App Store」をタップします。「Apple ID:[ユーザ名]」>「サインアウト」の順にタップします。その後、iTunes で使いたい Apple ID でサインインします。
  • iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」>「iCloud」の順に選択し、iCloud で使いたい Apple ID でサインインします。「設定」>「iTunes Store と App Store」に戻り、今度は iTunes で使いたい Apple ID でサインインします。

Mac では、「システム環境設定」>「iCloud」の順に選択し、iCloud で使いたい Apple ID でサインインします。iTunes >「アカウント」>「サインイン」の順に選択します。iTunes で使いたい Apple ID を入力します。

複数の Apple ID をお使いで、デバイスをバックアップから復元する場合は、iCloud バックアップまたは iTunes バックアップについてこちらの記事でご確認ください。

複数の Apple ID をお使いの場合、1 つにまとめることはできません。

関連情報

Apple から購入したコンテンツやサービスを家族と共有する場合は、ファミリー共有を設定できます。ファミリー共有を使えば、iTunes、Apple Books、App Store で購入したコンテンツ、Apple Music のファミリープラン、iCloud ストレージプランを最大 6 名の家族で簡単に共有できます。アカウントを共有する必要はありません。ファミリー共有グループのメンバーになっている場合、Apple News+ に登録すると、グループの誰でも Apple News+ を自動的に楽しめるようになります。

Apple ID のアカウント情報を変更する必要がある場合は、ユーザ名、パスワード、お支払い情報、生年月日などを更新する方法について、こちらの記事を参照してください。

Apple ID をお忘れの場合は、こちらの記事を参照してください。また、Apple ID のパスワードをお忘れの場合は、こちらでリセットできます。

公開日: