Apple ID でサインインする

Apple ID は、Apple のすべてのサービスへのアクセスにお使いいただくアカウントです。お使いのすべてのデバイスをシームレスに連係させることができます。

iCloud、App Store、ミュージック、メッセージ、写真、FaceTime のアイコン

サインインする場面では、毎回どこででも同じ Apple ID を使ってください。

  • App Store、iCloud、iMessage、FaceTime など、Apple のサービスを使う。
  • Apple Music や Apple TV App など、Apple の App やサブスクリプションを一部の他社製デバイスで使う。
  • apple.com/jp/ でオンラインショッピングする。
  • App や Web サイトで「Apple でサインイン」ボタンを使う。

上記の App、サービス、機能を使ったことがある場合は、すでに Apple ID を作成してあるはずなので、新たに作成する必要はありません。すぐにサインインできます。

App Store やその他のメディアサービスにはじめてサインインする際は、クレジットカードやその他のお支払い情報を適宜追加する必要があります。App Store やその他のメディアサービスに複数の Apple ID で同時にサインインしたり、別の Apple ID で購入したアイテムをアップデートしたりすることはできません。Apple ID を作成した方法によっては、対象のデバイスで 2 ファクタ認証にアップグレードするように案内される場合があります。 

新しいデバイスの設定時にサインインする

新しい iPhone、iPad、iPod touch、または Mac の電源を入れて設定する際に、Apple ID でサインインするように案内するメッセージが表示されます。サインインしたら、デバイス上で Apple サービスがすべて自動的に設定されます。

Apple ID またはパスワードについてお困りの場合

Apple ID が何だったか定かでない場合は、Apple ID に紐付けてあるフルネームやメールアドレスを入力して、調べることができます*。Apple IDパスワードを忘れた場合は、調べたりリセットしたりすることができます。Apple ID を管理するには (信頼済みの電話番号やデバイスを更新する、お支払い方法を変更するなど)、iPhone、iPad、iPod touch の設定 App を使うか、Mac のシステム環境設定を使うか、Apple ID のアカウントページにサインインしてください。 

* 携帯電話の番号が Apple ID になっている場合、その Apple ID は検索できない可能性があります。

デバイスを設定済みの場合

iPhone、iPad、iPod touch でサインインする

  1. 設定 App を開きます。
  2. 「[デバイス] にサインイン」をタップします。
  3. Apple ID とパスワードを入力します。
  4. 入力画面が表示されたら、信頼済みのデバイスまたは電話番号に送信された 6 桁の確認コードを入力し、サインイン完了です。

Apple Watch でサインインする

  1. iPhone で Watch App を開きます。
  2. 「一般」をタップし、「Apple ID」をタップします。
  3. Apple ID とパスワードでサインインします。
  4. 入力画面が表示されたら、信頼済みのデバイスまたは電話番号に送信された 6 桁の確認コードを入力し、サインイン完了です*。 

* Apple Watch とペアリングしている iPhone で iCloud にサインイン済みの場合は、その Apple ID に自動的にサインインします。 

Mac でサインインする

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択します。
  2. 「サインイン」をクリックします。
  3. Apple ID とパスワードを入力します。 
  4. 入力画面が表示されたら、信頼済みのデバイスまたは電話番号に送信された 6 桁の確認コードを入力し、サインイン完了です。

macOS Mojave 以前でサインインする

macOS Mojave 以前をお使いの場合は、同じ Apple ID を使って、Apple のすべてのサービスそれぞれに別途サインインします。

  • iCloud:システム環境設定 >「iCloud」を開きます。Apple ID とパスワードを入力します。「サインイン」をクリックします。
  • iTunes & App Store:「iTunes」>「アカウント」>「サインイン」の順に選択します。Apple ID とパスワードを入力します。「サインイン」をクリックします。
  • iMessage:「メッセージ」>「環境設定」>「アカウント」の順に選択します。Apple ID とパスワードを入力します。
  • FaceTime:FaceTime を開いて、Apple ID とパスワードを入力します。「サインイン」をクリックします。

Apple TV でサインインする

  1. ホーム画面から「設定」を選択します。
  2. 「ユーザおよびアカウント」を選択し、「新規ユーザを追加」を選択します。
  3. 「新規メールアドレスを入力」を選択し、画面の案内に従います。

Apple TV では、Apple ID を使って、いくつかのサービスを利用できます。詳しくは、こちらを参照してください。

Apple TV (第 2 または第 3 世代)2 ファクタ認証をお使いの場合は、パスワードに添えて確認コードの入力も適宜必要になります。確認コードの入手方法については、こちらの記事を参照してください。

App や Web サイトで「Apple でサインイン」を使う

「Apple でサインイン」ボタンが表示されている App や Web サイトは、この機能に対応しています。既存の Apple ID を使って、すばやく簡単にアカウントを設定し、サインインできます。「Apple でサインイン」の使い方については、こちらの記事を参照してください。

他社製のデバイスでサインインする

一部の他社製のデバイスでは、Apple ID を使って、Apple Music、Apple TV App などの Apple のサービスにサインインできます。Windows パソコンでは、Windows 用 iCloud にサインインして写真、書類、ブックマークにアクセスし、iTunes for Windows で音楽、映画、テレビ番組を楽しめます。 

デバイスによっては、App 用パスワードを使う必要があります。

Apple ID アカウントページや iCloud.com ではこんなことも

Web 上で Apple ID アカウントの詳細情報を表示し、管理するには、appleid.apple.com でサインインしてください。App Store や iTunes Store の購入履歴を確認することもできます。 

写真、ビデオ、書類、メモ、連絡先などにアクセスしたい場合は、iCloud.com にサインインできます。iCloud.com では、友達、家族、紛失したデバイスの居場所も調べることができます。デバイスで利用できる iCloud.com の機能については、こちらの記事を参照してください。 

関連情報

  • Apple ID が複数ある場合、1 つにまとめることはできません。
  • ファミリー共有を設定すれば、Apple で購入したアイテムやサブスクリプションを最大 5 人のほかのメンバーと共有できます。ファミリー共有を使って共有できる App やサービスについては、こちらの記事を参照してください。
  • Apple ID のアカウント情報を変更する必要がある場合は、ユーザ名、パスワード、生年月日などを変更できます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • Apple Music、Apple TV+ などのサービスのサブスクリプションの管理については、こちらの記事を参照してください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: