Apple ID がロックされた場合

本人や第三者がパスワード、セキュリティ質問、その他のアカウント情報を何回も間違えて入力した場合、Apple ID はセキュリティ対策のために自動的にロックされ、どの Apple サービスにもサインインできなくなります。Apple ID のロックは、ご本人様確認を済ませた後で解除いただけます。

Apple ID がセキュリティ上の理由でロックされた場合、以下のいずれかの警告メッセージが表示されることがあります。

  • 「この Apple ID は、セキュリティの問題により使用が停止されています」
  • 「お使いのアカウントがセキュリティ上の理由で無効になっているため、サインインできません」
  • 「この Apple ID はセキュリティ上の理由でロックされています」

上記いずれかの警告メッセージが表示された場合は、iforgot.apple.com にアクセスして既存のパスワードでアカウントのロックを解除するか、またはパスワードをリセットすることができます。アカウントのロック解除を何回も試して失敗した場合、Apple ID はロックされたままになります。翌日にまた解除を試していただけます。

2 ステップ確認をお使いの場合は、復旧キーと信頼できるデバイスを使う必要があります。2 ファクタ認証をお使いの場合は、Apple ID のロック解除には、信頼できるデバイスまたは信頼できる電話番号が必要です。

上記の警告とは異なるメッセージが表示され、パスワードをリセットできない場合は、お問い合わせください。

関連情報

パスワードを変更した後で、状況に応じて、iCloud の設定と、Apple ID でサインインするすべての Apple サービスで、パスワードをアップデートする必要があります。Apple ID をどこで使えるかなどの詳細については、こちらを参照してください。

最終更新日: