Apple ID を使って 2 ステップ確認でサインインできない場合

Apple ID の 2 ステップ確認が有効になっていて、アカウントにサインインできないときの対処法をご説明します。

Apple ID で 2 ステップ確認をお使いの場合、サインインの際に下記のうち 2 つ以上が必要となります。

  • Apple ID のパスワード
  • 信頼できるデバイス
  • 復旧キー

Apple ID のパスワードを忘れてしまった場合

iforgot.apple.com でパスワードをリセットします。復旧キーを入力し、信頼できるデバイス上で一時的な確認コードを受け取る必要があります。

Apple ID に紐付けられた信頼できるデバイスまたは電話番号をなくした場合

復旧キーをお持ちで、かつ Apple ID のパスワードを覚えていれば、アカウントにサインインして、信頼できるデバイスまたは電話番号を新たにアカウントに追加できます。また、紛失/売却/譲渡したデバイスを削除することもできます。

  1. Apple ID のアカウントページにアクセスし、Apple ID とパスワードを入力します。
  2. 「本人確認」画面で、「信頼できるデバイスにアクセスできませんか?」を選択します。
  3. ポップアップウインドウで復旧キーを入力します。
  4. 「セキュリティ」セクションを表示して「編集」をクリックします。

本人確認用には使わないデバイスを削除します。「iPhone を探す」が有効になっているほかのデバイスがある場合は、それらを信頼できるデバイスとして確認できます。信頼できる電話番号を追加することもできます。

復旧キーをなくしてしまった場合

Apple ID のパスワードを覚えていて、信頼できるデバイスのいずれかにアクセスできる場合は、アカウントにサインインして新しい復旧キーを作成できます。

  1. Apple ID のアカウントページにアクセスします。
  2. パスワードと信頼できるデバイスを使ってサインインします。
  3. 「セキュリティ」セクションで、「編集」>「紛失したキーを変更」をクリックします。

新しい復旧キーを安全な場所に保管してください。以前の復旧キーは機能しなくなり、パスワードのリセットやアカウントへのアクセスには使えなくなります。

サインイン項目の 2 つ以上を紛失または忘れてしまった場合

すでにご説明したように、2 ステップ確認でサインインするには下記の項目が 2 つ以上必要になります。

  • Apple ID のパスワード
  • 信頼できるデバイス
  • 復旧キー

上記項目の 2 つ以上を完全に紛失または忘れてしまった場合は、アカウントにサインインすることも、アカウントへのアクセスを回復することもできません。新しい Apple ID を作成してください。Apple ID のサイトで新しい ID を作成していただけます。

関連情報

2 ステップ確認は、2 ファクタ認証とは別のしくみです。2 ファクタ認証は、iOS 9 および OS X El Capitan に直接組み込まれた、セキュリティをさらに強化する手法です。

セキュリティと Apple ID について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

公開日: