なくした Apple デバイスを追跡して探す

「iPhone を探す」をオンにしておけば、デバイスをどこかに置き忘れても iCloud が探すのを手伝ってくれます。また、万一紛失したり盗まれたりしても、アクティベーションロックによって大切な情報が守られ、他人に勝手に使われたり売却されたりしにくくなります。

「iPhone を探す」をオンにする

各デバイス上で「iPhone を探す」をオンにしておけば、デバイスをなくしても見つけ出せます。

「iPhone を探す」を使う

iCloud.com や「iPhone を探す」App にサインインすれば、なくしたデバイスが今どこにあるのかを地図上で確認したり、そのデバイスに音を鳴らしたりできます。また、紛失モードを使ってデバイスをロックしたり、追跡したり、個人情報をすべて消去したりすることもできます。

それでもデバイスが見つからない場合は

「iPhone を探す」にデバイスが表示されない場合、表示されるがオフラインの場合、もう使っていないデバイスが表示される場合などの対処法をご案内します。