iPhone、iPad、iPod touch を紛失したり盗まれたりした場合

iPhone、iPad、iPod touch を紛失した場合や、盗難にあったと思う場合は、以下の手順を試し、捜索と情報の保護にお役立てください。

「iPhone を探す」が有効になっている場合は、その機能を使ってデバイスを探せます

 

「iPhone を探す」が有効になっていない場合は、パスワードを変更し、デバイスの紛失届けを出してください。

 

紛失したデバイスで「iPhone を探す」を有効にしていた場合

「iPhone を探す」を使ってデバイスを探し、デバイスの復元や情報の保護など、さらに対策を講じることができます。

  1. Mac または Windows パソコンで icloud.com/find にサインインするか、別の iPhone、iPad、または iPod touch で「iPhone を探す」App を使います。
  2. デバイスを探します。「iPhone を探す」を開き、デバイスを選択してその位置を地図上に表示します。デバイスが近くにある場合は、自分や近くにいる人がデバイスを見つけられるように音を鳴らすことができます。
  3. 「紛失モード」を使います。「紛失モード」を使うと、パスコードを使ってデバイスをリモートからロックしたり、紛失したデバイスのロック中の画面に自分の電話番号を記したカスタムメッセージを表示したり、デバイスの位置を追跡することができます。Apple Pay にクレジットカードやデビットカードを追加していた場合は、デバイスを「紛失モード」にすれば、そのデバイスで Apple Pay を使って支払うことはできなくなります。

  4. デバイスを紛失した、または盗難にあったことを警察に届け出ます。警察からデバイスのシリアル番号の提示を求められることがあります。デバイスのシリアル番号を確認する方法については、こちらの記事を参照してください。
  5. デバイス上の情報を消去します。紛失したデバイスのデータに他人がアクセスできないように、リモートからデバイスのデータを消去できます。デバイスのデータを消去すると、Apple Pay のクレジットカードやデビットカードも含め、情報がすべてデバイスから削除され、「iPhone を探す」を使ってデバイスを探すことはできなくなります。デバイスのデータを消去した後は、デバイスを追跡できません。データを消去した後にアカウントからデバイスを削除すると、アクティベーションロックがオフになるので、ほかの人がデバイスの電源を入れて使えるようになります。
  6. デバイスを失くしたり盗まれたりした場合は通信事業者に連絡し、通話、テキスト送信、データ通信に使われないように、アカウントの使用停止の手続きを進めてもらいます。デバイスが通信事業者のプランの保証対象となる場合があります。

ファミリー共有をお使いの場合は、家族のだれでもほかのメンバーが紛失したデバイスを捜索できます。家族それぞれが自分の Apple ID で iCloud にサインインして、ファミリー共有アカウントに紐付けられているデバイスをどれでも探せます。

デバイスの電源が入っていないまたはオフラインの場合

紛失したデバイスの電源が入っていない場合やオフラインになっている場合でも、デバイスを「紛失モード」にするか、ロックするか、リモートからデバイス上の情報を消去できます。いずれの場合も、実際に実行されるのは、次にデバイスがオンラインになったときです。オフラインのときにアカウントからデバイスを削除した場合、デバイスに対して実行待ちの操作はキャンセルされます。

「紛失モード」をオフまたはキャンセルする方法

デバイスでパスコードを入力すると「紛失モード」をオフにできます。また、iCloud.com で「紛失モード」をオフにしたり「iPhone を探す」App からオフにすることもできます。

紛失したデバイスで「iPhone を探す」が有効になっていない場合

デバイスを紛失する前または盗難される前に「iPhone を探す」をオンにしていなかった場合、「iPhone を探す」を使ってデバイスの位置を確認することはできません。ただし、以下の手順でデータを保護できます。

  1. Apple ID のパスワードを変更します。Apple ID のパスワードを変更すれば、他人が iCloud データにアクセスしたり、紛失したデバイスからその他のサービス (iMessage や iTunes など) を使ったりすることができなくなります。
  2. デバイス上のその他のインターネットアカウントのパスワードを変更します。メール、Facebook、または Twitter などのアカウントです。
  3. デバイスを紛失した、または盗難にあったことを警察に届け出ます。警察からデバイスのシリアル番号の提示を求められることがあります。デバイスのシリアル番号を確認する方法については、こちらの記事を参照してください。
  4. デバイスを紛失した、または盗難にあったことを通信事業者に届け出ます。通信事業者はアカウントを無効にし、通話、テキストメッセージ、およびデータ通信を使用できないように手配することができます。

「iPhone を探す」は、紛失したデバイスを追跡したり、その位置を確認できる唯一の方法です。紛失する前にデバイスで「iPhone を探す」を有効にしていない場合、デバイスを探したり、追跡したり、フラグを付けたりすることができる Apple のサービスはほかにありません。

関連情報

  • 「iPhone を探す」の使い方でお困りの場合は、こちらの記事を参照してください。
  • Apple Watch を紛失した場合や盗難に遭った場合は、こちらの記事を参照してください。または、Mac が紛失した場合や盗難に遭った場合は、こちらの記事を参照してください。
  • AirPods がなくなった場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  • iPhone、iPad、iPod touch で「iPhone を探す」をオフにする方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: