AirTag で鍵やリュックなどを探す

AirTag があれば、大事な持ち物がどこにあるのか調べて、探し出せます。持ち物をどこに置いたかわからなくなっても、近くにあれば、対応モデルの iPhone で「正確な場所を見つける」を使って、持ち物の場所まで導いてもらえます。また、「探す」App を使って、AirTag で音を鳴らし、地図上で位置を確認し、そこまでの道案内をしてもらうこともできます。

「正確な場所を見つける」を使って持ち物の場所をピンポイントで探す

超広帯域対応モデルの iPhone をお使いで、AirTag が近くにあれば1、ソファのクッションの間に挟まっていても、郵便物の下敷きになっていても、「探す この周辺」をタップして AirTag を探し出せます。

近くにある持ち物を探す

  1. 「探す」App を開いて、「持ち物を探す」タブをタップします。
  2. AirTag を選択してから、「探す この周辺」をタップします。1 「探す この周辺」が表示されない場合は、こちらを参照してください。 
    「サウンドを再生」ボタンと「探す この周辺」ボタンが表示されているスクリーンショット
  3. iPhone が AirTag に接続されるまで、画面の指示に従って動き回ります。
  4. AirTag までの距離と方向が iPhone の画面に表示されます。その情報を頼りに動けば AirTag に近付き、最終的には、なくした持ち物が見つかります。
    • AirTag が接続先デバイスの Bluetooth 通信範囲内にあれば、サウンド再生のボタン  をタップして、AirTag で音を鳴らすことができます。
    • iPhone に「もっと明るさが必要です」と表示される場合は、「フラッシュライトをオンにする」ボタン  をタップします。
  5. 終わったら、終了ボタン  をタップします。

「探す」ボタンが表示されない場合

「探す この周辺」が表示されない場合は、「探す」App に対して位置情報サービスが有効になっているか確認してください。

  1. 「設定」>「プライバシーとセキュリティ」>「位置情報サービス」の順に選択し、「位置情報サービス」がオンになっていることを確認します。
  2. 下にスクロールして、「探す」をタップします。
  3. 「しない」「次回または共有時に確認」または「この Appの使用中」を選択します。位置情報を正確に知りたい場合は、「正確な位置情報」をオンにしておきます。

それでも「探す この周辺」が表示されない場合は、接続されているデバイスの通信範囲内に AirTag がない可能性があります。まずは、AirTag までの道案内をしてもらいましょう。

壁の素材や、iPhone と AirTag の間にある障害物など、環境的な要因によってパフォーマンスが左右される場合があります。


ほかにもいろんな方法で持ち物を探せる

AirTag を取り付けた持ち物をどこかに置き忘れてしまった場合は、「探す」App を使って、その持ち物の現在地または最後に確認された位置を確認し、そこまでの道案内をしてもらえます。持ち物が近くにあれば、AirTag の内蔵スピーカーから音を鳴らすこともできます。AirTag は「探す」ネットワークを活用します。数億台の Apple 製デバイスで作られる匿名の暗号化されたネットワークが、持ち物探しを手伝ってくれます。

AirTag の位置を地図上で確認する

  1. 「探す」App を開いて、「持ち物を探す」タブをタップします。
  2. 持ち物リストで、位置を確認したい AirTag を選択します。
    • AirTag がデバイスの通信範囲内にある場合や、「探す」ネットワークで最近検知されている場合は、その位置が地図上に表示されます。最新の位置情報とタイムスタンプが名前の下に表示されます。
    • AirTag が自分のデバイスや、「探す」ネットワーク上のほかのデバイスの通信範囲内にない場合は、最後に確認された位置とタイムスタンプが表示されます。AirTag がデバイスの通信範囲内で見つかったときや、「探す」ネットワークで検知されたときに通知してもらうには、「通知」の下で「検出時に通知」をオンにしておきます。 

AirTag が地図上に表示されない場合

音を鳴らす

  1. iPhone、iPad、iPod touch で「探す」App を開いて、「持ち物を探す」タブをタップします。
  2. 持ち物リストで、音を鳴らしたい AirTag を選択します。 
  3. 「サウンドを再生」をタップします。1 AirTag が Bluetooth の通信範囲内にある場合は、音が鳴ります。
  4. 音が自動的に止む前に再生を停止するには、「サウンドを停止」をタップします。

AirTag が接続先デバイスの Bluetooth 通信範囲内にあるのに音が鳴らない場合

行き方を調べる

お使いの iPhone やご利用の地域が超広帯域に対応していない場合や、AirTag がデバイスの通信範囲内にない場合でも、その場所までの道案内をしてもらえます。

  1. 「探す」App を開いて、「持ち物を探す」タブをタップします。
  2. 道案内してもらいたい AirTag を選択します。
  3. AirTag へのルートをマップ App に表示するには、「経路」をタップします。
  4. AirTag の現在地までのルートを案内してもらうには、「出発」をタップします。

「探す」に AirTag が表示されない場合

  1. AirTag の電池を取り外してから、取り付け直します。2
  2. 電池を取り付け直しても AirTag で音が鳴らない場合は、新しい CR2032 電池に交換します。

1. iPhone、iPad、iPod touch で「探す この周辺」を使ったり、音を鳴らしたりするには、AirTag が Bluetooth の通信範囲内にあることが必要です。通信範囲内にない場合は、まず、そこまでの道案内をしてもらいましょう。「探す この周辺」では超広帯域を使いますが、国や地域によってはこのテクノロジーに対応していない場合があります。超広帯域の対応状況について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

2. 警告:AirTag、電池カバー、電池で小さなお子様が窒息したり、その他の怪我につながるおそれがあります。これらはお子様の手の届かないところでご利用ください。

「探す」ネットワークは韓国ではサポートされていません。その他の地域でも、現地の法の定めに従い、ご利用いただけない場合があります。

公開日: