盗難・紛失デバイスを探す

「探す」App を使って、なくしたデバイスを探せます。オフラインになっていても大丈夫です。

必要な環境

iOS 12 以前または macOS Mojave 以前をお使いの場合は、デバイスで「iPhone を探す」を設定し、使ってください。また、iCloud.com の「iPhone を探す」の仕組みについては、こちらの記事を参照してください。

紛失したデバイスを探す

デバイスを紛失する前に「[デバイス] を探す」を有効にしておけば、「探す」App を使って探し出せます。デバイスが椅子のクッションの陰に隠れていても、別の部屋にあっても、市内の別の場所にあっても見つかります。「オフラインのデバイスを探す」が有効になっていれば、ネットワークに接続されていないデバイスでも探し出せます。

位置を地図上で確認する

  1. 「探す」App を開きます。
  2. 「デバイスを探す」タブを選択します。
  3. 位置情報を地図上で確認したいデバイスを選択します。ファミリー共有グループに参加していれば、グループ内のデバイスを見ることができます。

音を鳴らす

  1. 「探す」App を開きます。
  2. 「デバイスを探す」タブを選択します。
  3. 紛失したデバイスを選択し、「サウンドを再生」を選択します。デバイスがオフラインの場合は、ネットワークにつながるまでサウンドは再生されません。

ルートを案内してもらう

  1. 「探す」App を開きます。
  2. 「デバイスを探す」タブを選択します。
  3. 紛失したデバイスを選択し、「経路」を選択すると、マップが開き、そのデバイスの位置が表示されます。

デバイスを紛失としてマークする

デバイスをなくしたときでも、情報の安全を守れます。「紛失としてマーク」機能を使えば、紛失したデバイスをリモートからパスコードでロックしたり、ロック画面に自分の電話番号を記したカスタムメッセージを表示したり、デバイスの位置を追跡したりすることができます。

「紛失としてマーク」は、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch、Mac で使えます。

「紛失としてマーク」を使う

  1. 「探す」App を開いて、「デバイスを探す」タブを選択します。
  2. 紛失したデバイスを選択します。
  3. 下にスクロールして「紛失としてマーク」を表示し、「有効にする」を選択します。
  4. 「続ける」を選択し、紛失したデバイスに電話番号を表示したい場合は、その電話番号を入力します。
  5. 「次へ」を選択します。必要に応じて、紛失したデバイスを見つけた人に、電話してもらえるようにお願いするカスタムメッセージを入力できます。
  6. 「有効にする」を選択します。

Mac をロックする方法については、こちらの記事を参照してください。

「紛失としてマーク」を有効にした場合

紛失したデバイスはリモートからロックされます。そのデバイスで Apple Pay を設定してある場合は、無効になります。Apple ID に関連付けられている主要メールアドレスに確認のメールが届きます。デバイスが見つかったら、パスコードでロックを解除する必要があります。

デバイスをリモートから消去する

紛失したデバイスのデータに他人がアクセスできないように、リモートからデバイスのデータを消去できます。デバイスを消去すると、情報が全部 (Apple Pay 用のクレジット/デビット/プリペイドカードも含めて) デバイスから削除され、「探す」を使った捜索はできなくなります。

  1. 「探す」App を開いて、「デバイスを探す」タブをタップします。
  2. リモートから消去するデバイスを選択します。
  3. 下にスクロールして「このデバイスを消去」を選択します。
  4. 「この [デバイス] を消去」を選択します。

デバイスを消去した後は、そのデバイスを追跡できなくなります。デバイスを消去した後にアカウントから削除すると、アクティベーションロックがオフになるので、ほかの人がデバイスの電源を入れて使えるようになります。

紛失したデバイスを iCloud.com から探す

紛失したデバイスでサインインに使っていた Apple ID で iCloud.com にログインすれば、「iPhone を探す」を使ってそのデバイスの場所を特定し、本体で音を鳴らしたり、紛失としてマークしたり、リモートから消去したりできます。

友達のデバイスがなくなった場合

友達がデバイスをなくした場合は、「[デバイス] を探す」がそのデバイスで有効にしてあれば、捜索を手伝ってあげることができます。

  1. 「探す」App を開きます。
  2. 「自分」タブを選択します。
  3. 「友達を助ける」を選択します。
  4. 友達に、なくしたデバイスでサインインしていた Apple ID を使って iCloud にサインインしてもらいます。
公開日: