紛失したデバイスや持ち物を「探す」App を使って探す

「探す」App を使えば、なくしたデバイスや持ち物を探せます。地図上で位置を確認する方法や、紛失物としてマークしておく方法など、「探す」App のさまざまな活用法をご案内します。

「探す」を使って AirPods、Apple Watch、AirTag を探す 

Apple 製のデバイスや持ち物を紛失したり置き忘れたりした場合は、同じ Apple ID でサインインしていて、最新バージョンの iOS または iPadOS を搭載している iPhone、iPad、iPod touch、または最新バージョンの macOS を搭載している Mac で「探す」App を使いましょう。最新バージョンの watchOS を搭載した Apple Watch でも、「デバイスを探す」App や「持ち物を探す」App を使えます。 

iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch、Mac、AirPods 製品、または「探す」に対応した Beats 製品を置き忘れた場合は、ほかにも、ファミリー共有グループに参加しているほかの人が持っているデバイスで「探す」App を使うか、Web ブラウザで iCloud.com/find にサインインするといった方法でも探せます。

デバイスや持ち物を紛失した場合に使える機能

「探す」の機能や提供状況は、国や地域によって異なる場合があります。

iPhone、iPad、iPod touch

  • 位置情報の表示
  • サウンドの再生
  • 紛失としてマーク (紛失モード)
  • リモート消去
  • 検出時に通知
  • 手元から離れたときに通知

Mac

  • 位置情報の表示
  • サウンドの再生
  • 紛失としてマーク (Mac をロック)
  • リモート消去
  • 検出時に通知
  • 手元から離れたときに通知*

* Apple シリコン搭載の MacBooks でのみ使える機能。

Apple Watch

  • 位置情報の表示
  • サウンドの再生
  • 紛失としてマーク (紛失モード)
  • リモート消去
  • 検出時に通知

AirPods (第 3 世代)、AirPods Pro、AirPods Pro (第 2 世代)、AirPods Max

  • 位置情報の表示
  • 探す - この周辺
  • サウンドの再生
  • 紛失モード (紛失としてマーク)
  • 検出時に通知
  • 手元から離れたときに通知

AirPods (第 1 世代)、AirPods (第 2 世代)、Beats 製品

  • 位置情報の表示
  • サウンドの再生

他社製品

  • 位置情報の表示
  • 紛失モード
  • その他の機能 (製品によって異なる)

AirTag

  • 位置情報の表示
  • 探す - この周辺
  • サウンドの再生
  • 紛失モード (紛失としてマーク)
  • 検出時に通知
  • 手元から離れたときに通知

MagSafe 対応 iPhone レザーウォレット

  • 位置情報の表示
  • 電話番号を表示
  • 取り外されたときに通知


地図上で位置を確認する

  1. 「探す」App を開きます。
  2. 「デバイスを探す」タブまたは「持ち物を探す」タブを選択します。
  3. デバイスまたは持ち物を選択すると、地図上でその位置を確認できます。ファミリー共有グループに参加していれば、グループ内のデバイスの位置も見ることができます。
  4. 「経路」を選択すると、マップが開き、そのデバイスの位置が表示されます。

「探す」ネットワークを有効にしている場合は、デバイスや持ち物が Wi-Fi やモバイルデータ通信に接続されていなくても、その位置情報を確認できます。「探す」ネットワークとは、無数の Apple 製デバイスから成る匿名の暗号化ネットワークで、デバイスや持ち物の捜索に役立てられます。

デバイスの位置を確認できない場合

  • 探す」を有効にしていない可能性が考えられます。
  • 「探す」App をお使いの場合、最後の位置情報が Apple に送信されてから 7 日以上経過しているデバイスについては、位置情報を確認できません。
  • iCloud.com/find をお使いの場合、電源が切れている、バッテリーがなくなった、または最後の位置情報が Apple に送信されてから 24 時間以上が経過しているデバイスについては、位置情報を確認できません。
  • その場合でも情報を守ることができます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

音を鳴らす

  1. 「探す」App を開きます。
  2. 「デバイスを探す」タブまたは「持ち物を探す」タブを選択します。
  3. 行方不明のデバイスまたは持ち物を選択し、「サウンドを再生」を選択します。デバイスがオフラインの場合は、ネットワークにつながるまでサウンドは再生されません。持ち物に付けた AirTag が Bluetooth の通信範囲内にない場合は、通信範囲内に入るまで、AirTag でサウンドは再生されません。 

AirPods が Bluetooth の通信範囲外に置きっぱなしになっている場合にも、自宅や職場などの利用頻度の高い場所以外にいるときは iPhone が教えてくれます。一部の AirPods モデルでは、最後に使ってから 24 時間以内に限り、iPhone が知らせてくれます。

「手元から離れたときに通知」について

デバイスを「紛失としてマーク」する/持ち物の紛失モードを有効にする

  1. 「探す」App を開いて、「デバイスを探す」タブまたは「持ち物を探す」タブを選択します。
  2. 行方不明のデバイスまたは持ち物を選択します。
  3. 下にスクロールして、「紛失としてマーク」または「紛失モード」を表示し、「有効にする」を選択します。
  4. 紛失したデバイスや持ち物に連絡先情報を表示したい場合や、デバイスを見つけた人に連絡してもらえるようにカスタムのメッセージを入力したい場合は、画面の案内に従って設定します。
  5. 「有効にする」を選択します。

デバイスを「紛失としてマーク」した場合に起きること

「紛失としてマーク」は、紛失した iPhone、iPad、iPod touch、Mac をリモートからパスコードでロックできるので、デバイスが行方不明になってしまっても情報を安全に守ってくれます。ロック画面に自分の電話番号を記したカスタムメッセージを表示したり、デバイスの位置情報を追跡したりすることもできます。「紛失としてマーク」の使い方について詳しくは、こちらを参照してください。

持ち物の紛失モードを有効にした場合に起きること

AirTag や他社製の対応製品を取り付けた持ち物に対して紛失モードを有効にした場合は、電話番号またはメールアドレスでメッセージを共有できます。AirTag を見つけてくれた人は、iPhone や NFC 対応のスマートフォンの上部を AirTag にかざして found.apple.com を開いて、持ち主からのメッセージを見ることができます。他社製の対応製品を見つけてくれた人は、iPhone、iPad、iPod touch で「探す」App を開いて「持ち物を探す」タブを選択し、「見つかった持ち物を識別」をタップして、リストから持ち物を選択し、持ち主からのメッセージを見ることができます。 

デバイスを消去する

  1. 必ず上記の手順を試し、紛失したデバイスを回収できないか確かめます。以下の手順を実施すると、元には戻せません。 
  2. 「探す」App を開いて、「デバイスを探す」タブを選択します。
  3. リモートから消去するデバイスを選択します。
  4. 下にスクロールして「このデバイスを消去」を選択します。
  5. 「この [デバイス] を消去」を選択します。

紛失したデバイスで AppleCare+ 盗難・紛失プランに加入していた場合は、デバイスを消去しないでください。代わりに、紛失したり盗まれたりしたデバイスの補償を請求してください。

デバイスを消去した場合に起きること

デバイスを消去した場合、Apple Pay のクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードも含め、すべての情報がデバイスから削除されます。

iOS 15 または iPadOS 15 以降をインストールしたデバイスなら、消去した場合でも「探す」を使ってその位置を突き止めたり、音を鳴らしたりすることができます。それ以外の場合は、デバイスを消去した後でその位置情報を追跡したり、音を鳴らしたりすることはできません。Mac や Apple Watch は、以前使った Wi-Fi ネットワークの近くにある場合は、引き続き検出できる場合があります。

公開日: