Mac でスタックを使う方法

スタックは、デスクトップを自動的に整理整頓してくれるので、「いつでもきれい」を簡単に維持でき、探し物もピンポイントで見つけられます。

macOS Mojave で「スタック」が登場しました。ファイルをカテゴリ別に重ねてデスクトップを整理整頓し、新しいファイルを保存しても、いつでも整然と片付けてくれます。スタックを使うと、デスクトップが散らかっていただなんて、いつのことだったか忘れてしまえます。

スタックを有効にする

Finder のメニューバーから「表示」>「スタックを使用」を選択します。または、デスクトップ上の任意の場所を「control」キーを押しながらクリック (右クリック) して、ショートカットメニューから「スタックを使用」を選択します。

1 つ 1 つのファイルが、その種類のファイルがデスクトップ上に 1 つしかない場合を除いて、スタックの一部に組み込まれます。フォルダはスタックの下に表示されます。

スタックのグループ分けの方法を変更する

デフォルトでは、スタックはイメージ、PDF、プレゼンテーション、スクリーンショットなどの種類別にグループ分けされます。

変更日、タグ、その他のカテゴリを基準にスタックをグループ分けするには、メニューバーから「表示」>「スタックのグループ分け」を選択します。または、「control」キーを押しながらデスクトップ上をクリックし、ショートカットメニューから「スタックのグループ分け」を選択します。

  

 

スタックを開いているところ。スタックの上に下向きの矢印が表示され、スタックの中身が別々のアイコンとしてデスクトップ上に表示されています。

スタックを操作する

スタックを開く/閉じるには、そのスタックを 1 回クリックします。スタックが開くと、その中に入っているファイルがデスクトップ上に表示され、スタックのアイコンが矢印付きのフォルダに変わります。

スタックの中の項目をスタックを開かずに確認するには、以下の手順を実行してください。

  1. ポインタをスタックの上に移動します。
  2. トラックパッドまたはマウスを使って左右にスクロールし、スクラブします。スクラブすると、スタックのアイコンと名前が、スタックの中の各ファイルのアイコンと名前に変化していきます。
  3. 目的のファイルが見つかったら、ダブルクリックして開くことができます。

スタックを使えば、その中の項目を操作するのも簡単です。「control」キーを押しながらスタックをクリックし、ショートカットメニューから「名前を変更」「圧縮」「共有」などの操作内容を選べます。または、「クイックアクション」から選ぶこともできます。

  

関連情報

Dock のフォルダショートカットも、スタックの別の形です。デスクトップ上のスタックと併せて活用できます。

公開日: