Logic Pro X: EXS24 mkIIの概要

EXS24 mkIIの概要

EXS24 mkIIはソフトウェアサンプラーです。オーディオファイル(サンプルと呼ばれます)を読み込んで再生します。読み込んだサンプルは音程を持ったコレクションにまとめられ、これをサンプラー音源と呼びます。サンプラー音源は実際に録音されたオーディオファイルを使用しているため、本物の楽器(ギター、ピアノ、ドラムなど)をエミュレートするのに適しています。

EXS24 mkIIでは、サンプラー音源の再生、編集、および作成ができます。サンプラー音源のサンプルは、特定のキー範囲やベロシティ範囲に割り当てて、EXS24 mkIIのフィルタやモジュレータを適用することができます。

EXS24 mkIIには強力なモジュレートおよび編集機能が備わっており、EXS24 mkII自体が柔軟性の高いシンセサイザーであると言えます。これにより、シンセサイザーの基本波形として任意のサンプルを使用して、表現力豊かなサウンドを作り出すことができます。

EXS24 mkIIをモノラルまたはステレオ音源として使用したり、読み込んだサンプルを複数のオーディオ出力へルーティングしたりすることができます。この設定を使うと、たとえばドラムキットの個々のドラムサウンドを別々に処理することができます。

EXS24 mkIIでは、サンプルをハードディスクから直接ストリーミングすることで、ほぼ無制限の長さでサンプルを使用することができます。これにより、数ギガバイトもあるサンプルライブラリの多くを利用できます。

EXS24 mkIIには、ピアノ、弦楽器、アコースティックギター、エレクトリックギター、ドラムなど多くのサウンドを備えた、多様なサンプラー音源のライブラリが用意されています。

EXS24 mkIIのネイティブのファイルフォーマットであるEXSフォーマットは、ほとんどのサンプルライブラリ提供業者がサポートしています。また、Gigasampler、DLS、SoundFont2などのサンプル・ファイル・フォーマットによるサンプラー音源を読み込むこともできます。

EXS24 mkIIには2つのウインドウがあります。

  • パラメータウインドウ: サンプラー音源を読み込むために使用します。このウインドウには、サウンドをカスタマイズするための合成およびモジュレーションオプションがあります。EXS24 mkIIパラメータウインドウの概要を参照してください。

    図。パラメータウインドウ。
  • インストゥルメントエディタ・ウインドウ: このウインドウは、サンプラー音源の作成と編集に使用します。パラメータウインドウの「edit」ボタンをクリックすると、インストゥルメントエディタ・ウインドウが開きます。EXS24 mkIIのインストゥルメントエディタの概要を参照してください。

    図。インストゥルメントエディタ・ウインドウ。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?