Logic Pro X: スマートテンポの概要

スマートテンポの概要

スマートテンポは、「Logic Pro」に新しく追加された強力なテンポ解析および編集機能です。スマートテンポを使うと、メトロノームを鳴らさずに演奏を録音し、録音のテンポに合わせてプロジェクトのテンポを調整したり、プロジェクトのテンポを保持したままFlex機能で録音のテンポをプロジェクトに合わせたりできます。また、テンポの異なる複数のオーディオファイルやMIDIリージョンをすべてプロジェクトのテンポに合わせてリミックスを作成したり、読み込んだオーディオファイルまたはMIDIリージョンのテンポに合わせてプロジェクトのテンポを調整したりすることもできます。

図。録音が表示され、Adaptモードが選択されたプロジェクト。テンポトラックにテンポチェンジが表示され、スマート・テンポ・エディタが開かれている。

スマートテンポを使用するには、プロジェクト・テンポ・モードを選択して、プロジェクト全体でのテンポの動作を設定してから、「Flexとフォロー」設定を使用して、選択したプロジェクト・テンポ・モードでの個々のオーディオリージョンの処理方法を設定します。

オーディオクオンタイズではオーディオファイル内のトランジェントピークが検出されますが、スマートテンポ解析ではオーディオファイルの音楽的なテンポが検出され、それに基づいてビートマーカーが配置されます。複雑な音楽素材では、オーディオクオンタイズを使用するよりもスマートテンポ解析を使用する方が良い結果が得られます(特に「Flexとフォロー」を「小節」または「ビート」に設定した場合)。トランジェントはオーディオ・ファイル・エディタで破壊的に編集しますが、スマートテンポのビートマーカーやその他のテンポ情報はスマート・テンポ・エディタで編集します。

プロジェクト内のMIDIリージョンでスマートテンポを使用することもできます。MIDIリージョンは常にプロジェクトのテンポに従い、「Flexとフォロー」リージョン設定を「オン」にしたオーディオファイルと同じように動作します。MIDIリージョンにはソース・オーディオ・ファイルがないため、スマートテンポ解析や、スマート・テンポ・エディタで行う編集内容は、MIDIリージョンに直接保存され、プロジェクトと共に保存されます。

プロジェクト・テンポ・モード

プロジェクト・テンポ・モードによって、プロジェクトのテンポを保持するか、オーディオ録音、読み込んだオーディオファイル、またはMIDIリージョンのテンポに合わせてプロジェクトのテンポを調整するかが決まります。プロジェクト・テンポ・モードはLCDテンポディスプレイで選択します。

次のモードがあります:

  • プロジェクトテンポを保持(Keep): オーディオまたはMIDIの録音時、またはオーディオファイルの読み込み時に、プロジェクトのテンポを保持します。「Flexとフォロー」パラメータが「オフ」以外に設定されているオーディオリージョンは、プロジェクトのテンポに合わせられます。旧バージョンの「Logic Pro」で行っていたときと同様に操作したいときは、このモードを選択します。

  • プロジェクトテンポを調整(Adapt): 録音するか読み込んだリージョンのテンポに合わせてプロジェクトのテンポを変更します。リージョンを移動またはコピーすると、リージョンのテンポ情報も一緒に移動されます。メトロノームなどのテンポ基準を使わないフリー録音を行うときや、プロジェクトのテンポをリージョンの編集結果に合わせたいときは、このモードを選択します。

  • 自動(Auto): 音楽的なテンポ基準(メトロノームや別のリージョンなど)の有無に基づいて適切な動作(KeepまたはAdapt)を自動的に選択します。音楽的なテンポ基準がある場合は、プロジェクトのテンポが保持されます。音楽的なテンポ基準がない場合は、録音または追加した素材のテンポに合わせてプロジェクトのテンポが調整されます。

テンポトラックでは、プロジェクト・テンポ・モードとテンポ解析の結果によってテンポカーブの色が異なります:

  • 青: プロジェクトのテンポは変更されません。

  • オレンジ: プロジェクトのテンポが新しい録音のテンポによって決まります。

  • 赤: 既存のプロジェクトのテンポが置き換えられ、既存のリージョンに影響を及ぼします。

ワークフローによって最適なプロジェクト・テンポ・モードは異なります。プロジェクト・テンポ・モードについて詳しくは、プロジェクト・テンポ・モードを選択するを参照してください。「スマートテンポ」プロジェクト設定でプロジェクト・テンポ・モードを設定することもできます。

オーディオリージョンの「Flexとフォロー」パラメータ

トラックのFlexが有効になっているときは、オーディオリージョンのリージョンインスペクタに「Flexとフォロー」ポップアップメニューが表示されます。これは旧バージョンの「Logic Pro」の「Flex」チェックボックスに代わるものです。「Flexとフォロー」設定を使って、リージョンでFlexを有効にするかどうか、リージョンをプロジェクトのテンポに従わせるかどうか、小節またはビートレベルでスマートテンポのビートマーカーも使用するかどうかを選択します。

「Flexとフォロー」パラメータには以下のオプションがあります:

  • オフ: リージョンはFlexが無効になり、プロジェクトテンポの変更に従いません。

  • オン: リージョンはFlexが有効になり、手動でのFlex編集に従います。また、プロジェクトテンポの変更にも従います。

  • 小節(オン+小節を揃える): リージョンはFlexが有効になり、プロジェクトテンポの変更に従います。また、スマートテンポのビートマーカーに基づいてダウンビート(小節)ごとにプロジェクトテンポに合わせられます。

  • ビート(オン+小節とビートを揃える): リージョンはFlexが有効になり、プロジェクトテンポの変更に従います。また、スマートテンポのビートマーカーに基づいてビートごとにプロジェクトテンポに合わせられます。

MIDIリージョンには「Flexとフォロー」設定はありません。MIDIリージョンは、「Flexとフォロー」を「オン」にしたオーディオリージョンと同じように、常にプロジェクトのテンポに従います。

「Flexとフォロー」設定の選択について詳しくは、オーディオリージョンの「Flexとフォロー」設定を選択するを参照してください。新規録音と読み込んだオーディオファイルでの「Flexとフォロー」リージョンパラメータのデフォルト設定は、「スマートテンポ」プロジェクト設定で変更できます。それぞれについて、リージョンをダウンビートまでトリムするかどうかも設定できます。

音楽的なテンポ基準

スマートテンポをAdaptモードで使用する(またはAutoモードでAdaptの動作が使用される)場合、プロジェクト内の録音する部分またはファイルを追加する部分に音楽的なテンポ基準があるかどうかによって結果が異なります。音楽的なテンポ基準があるとみなされるのは、メトロノームがオンであるか、プロジェクト内の作業対象の部分にオーディオリージョン、MIDIリージョン、またはDrummerリージョンがすでにあるか、サイクルモードがオンであるときです。

何らかの音楽素材を聴きながら録音した場合は、通常、音楽的なテンポ基準があるとみなされます。いずれの素材も聴かずに録音した場合は、音楽的なテンポ基準はないとみなされます。

ヒント:録音時に音楽的なテンポ基準が入るのを避けるには、録音前に、録音するトラックをソロにします。

フリー録音でスマートテンポを使う

空のプロジェクトで、メトロノームをオフにし、プロジェクト・テンポ・モードをAdapt(またはAuto)に設定して録音を行うと、新規録音のテンポに合わせてプロジェクトのテンポが調整されます。録音中は、新しいリージョンのテンポトラックに、検出されたテンポ(テンポの変化を含む)が赤い線で表示されます。録音後にメトロノームをオンにして、メトロノームと録音のテンポとのずれを確認できます。

新規のオーディオ録音で、「Flexとフォロー」パラメータが「オン」に設定されている場合、録音したオーディオリージョンはテンポチェンジに従いますが、Flex機能で個々のビートが調整されることはありません。個々のビートがテンポとあまりにずれている場合は、「Flexとフォロー」を「小節」(オン+小節を揃える)または「ビート」(オン+小節とビートを揃える)に設定して、オーディオリージョンを小節またはビートレベルで合わせることができます。

以降にオーディオ録音を行う場合は、「Flexとフォロー」パラメータを「オフ」に設定しない限り、追加のオーディオ録音はプロジェクトのテンポに合わせられます。必要に応じて「Flexとフォロー」設定を「オン+小節を揃える」または「オン+小節とビートを揃える」に設定して小節またはビートレベルでテンポを合わせるか、録音を削除してやり直すことができます。プロジェクトにオーディオファイルを追加する場合も、「Flexとフォロー」パラメータを「オフ」に設定しない限り、追加のファイルはプロジェクトのテンポに合わせられます。必要に応じて「Flexとフォロー」設定を「オン+小節を揃える」または「オン+小節とビートを揃える」に変更して小節またはビートレベルでテンポを合わせ、最初の録音やほかの追加ファイルと同期させることができます。MIDI録音を行う場合は、常にプロジェクトのテンポに従います。

リミックスでスマートテンポを使う

リミックスを作成するときは、異なるテンポで録音された複数のファイルを組み合わせることがよくあります。また、ファイルにテンポチェンジが含まれることもあります。プロジェクト・テンポ・モードをKeepに設定すると、ファイルを読み込んでもプロジェクトのテンポが変更されません。

「Flexとフォロー」パラメータを「オフ」に設定しない限り、読み込んだオーディオファイルはプロジェクトのテンポに合わせられます。オーディオリージョンの「Flexとフォロー」パラメータを「オン+小節を揃える」または「オン+小節とビートを揃える」に設定すると、ビートマーカーに基づいて小節またはビートレベルでもテンポが合わせられます。必要に応じて、ファイルから読み込まれたオーディオリージョンをトランスポーズして、同じキーで再生することもできます。「Flexとフォロー」パラメータを「オフ」に設定したオーディオリージョンは、元のテンポが保持され、プロジェクトのテンポに合わせられることはありません。MIDIリージョンは常にプロジェクトのテンポに従います。

既存のプロジェクトでスマートテンポを使う

既存のプロジェクトでスマートテンポを使用できます。旧バージョンの「Logic Pro」で作成したプロジェクトでもかまいません。通常は、マルチトラックオーディオ録音でスマートテンポを使うで説明したワークフローに従うことをお勧めします。この方法であれば、スマートテンポ解析の対象となるオーディオファイルを選択したり、解析結果をすべてのオーディオファイルに適用したりできます。スマートテンポ解析の結果をほかのオーディオファイルに適用したくない場合や、一定のリズムパターンが終始はっきりと聞こえる1つのリージョン(ドラムキットのオーバーヘッドマイクのステレオ録音など)を含むプロジェクトの場合は、以下のワークフローを使用できます:

プロジェクトを開いた後、プロジェクト・テンポ・モードが「保持」に設定されていることを確認し、リズムが分かるリージョンのオーディオファイルをスマート・テンポ・エディタで開きます。スマート・テンポ・エディタのメトロノームをオンにしてファイルを試聴し、スマートテンポの解析が正しいことを確認して、必要に応じて編集を行います。リージョンを確認および修正した後、「編集」ポップアップメニューから「リージョンのテンポをプロジェクトテンポに適用」を選択します(または、トラック領域でControlキーを押したままリージョンをクリックし、ショートカットメニューからこのコマンドを選択します)。表示されるダイアログで、「ダウンビートをプロジェクトの最も近いダウンビートに揃える」と「ほかのすべてのリージョンの相対位置を保持」のチェックボックスが両方とも選択されていることを確認して、「適用」をクリックします。これによって、選択したリージョンから解析されたテンポがテンポトラックに書き込まれ、選択したリージョンがダウンビートに合わせられます。解析されたリージョンに対するほかのリージョンの相対位置(およびオートメーションカーブなどのほかのデータ)は保持されます。このワークフローを使って、プロジェクトに追加された、テンポが同期しているリージョン(Apple LoopsやDrummerリージョンなど)とエフェクトをプロジェクトのテンポに合わせることもできます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?