Logic Pro X: Compressorのメインパラメータ

Compressorのメインパラメータ

インターフェイスのメイン領域には、中心となる圧縮パラメータが格納されています。ここでは圧縮回路の種類を選択したり、設定を調整したりできます。

図。Compressorのメインパラメータ。

注記:Compressorのモデルによっては、以下に紹介するパラメータの一部を使用できない場合があります。

Compressorのパラメータ

  • 回路タイプボタン: Compressorでエミュレートする回路の種類を選択します。モデルを選択するとインターフェイスがアップデートされます。「Platinum Digital」、「Studio VCA」、「Studio FET」、「Classic VCA」、「Vintage VCA」、「Vintage FET」、「Vintage Opto」の中から選択できます。

    • Platinum Digital: トランジェントに対するレスポンスが速い、クリーンなサウンドの圧縮タイプです。さまざまなソースに使用できます。

    • FET: 電界効果トランジスタコンプレッサーは、トランジェントに対するレスポンスが速いことで知られています。明瞭でくっきりした音色(特に中域の信号)になり、トランジェントでは「パンチの効いた」感じの音色になります。アタックフェーズが早いドラム、ボーカル、ギターなどの信号に最適です。FETコンプレッサーで可能なのは信号の減衰だけです。

    • VCA: 電圧制御アンプコンプレッサーでは、入力トランジェントへのレスポンス速度を調節できます。くっきりした音色が特徴で、ベースギターや低周波信号に適しています。VCAコンプレッサーでは信号を減衰または増幅できます。

    • Opto: オプティカルコンプレッサーは、トランジェントに対するレスポンスが早く、ノンリニアリリース機能を備えていることで知られています。非常に明瞭で、ボーカルやギターに最適です。また、リミッティングアンプとして複数のバスや出力にわたって使われることも多いです。

  • 「Side Chain」ボタンと「Output」ボタン: 「Side Chain」または「Output」パラメータを表示します。

  • 「Gain Reduction」メーター/グラフ: 「Meter」ボタンまたは「Graph」ボタンをクリックすると、圧縮量のリアルタイム表示が切り替わります。

  • 「Input Gain」ノブ/フィールド: コンプレッサーの入力レベルを設定します。

  • 「Input Gain」メーター: コンプレッサーの入力レベルを表示します。

  • 「Threshold」ノブ/フィールド: しきい値レベルを設定します。このしきい値レベルを上回る信号は低減されます。

  • 「Ratio」ノブ/フィールド: しきい値を超えた信号を低減させるときの圧縮比率を設定します。

  • 「Make Up」ノブ/フィールド: 圧縮信号に加えるゲインの量を設定します。

  • 「Auto Gain」ボタン: 「Off」ボタンはオートゲインを無効にします。「0 dB」ボタンと「-12 dB」ボタンは、圧縮によって生じる音量の低下を補正します。

  • 「Knee」ノブ/フィールド: しきい値に近いレベルでの圧縮率の強度を設定します。低めの値にすると、強くて急な圧縮になります(ハードニー)。高めの値にすると、緩やかな圧縮になります(ソフトニー)。

  • 「Attack」ノブ/フィールド: 信号がしきい値を超えてからCompressorが作用するまでの時間を設定します。

  • 「Release」ノブ/フィールド: 信号のレベルがしきい値を下回ってからCompressorが信号の低減を止めるまでの時間を設定します。このパラメータはAuto Release機能(有効のとき)と連動します。

  • 「Auto」リリースボタン: リリース時間がオーディオ素材に合わせて動的に調整されます。「Release」ノブの値が変更されると、Auto Release機能の動作(および圧縮結果)が変わります。

  • 「Output Gain」ノブ/フィールド: コンプレッサーの全体的な出力レベルを設定します。

  • 「Output Gain」メーター: コンプレッサーの全体的な出力レベルを表示します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?