Logic Pro X: ソフトウェア音源のアーティキュレーションを管理する

ソフトウェア音源のアーティキュレーションを管理する

アーティキュレーションセットが読み込まれる場合は、プラグインウインドウのヘッダにある「アーティキュレーション」ポップアップメニューでアーティキュレーションを選択できます。ソフトウェア音源によっては、プラグインのインターフェイスに、最後演奏したアーティキュレーションが表示されることもあります。

図。「アーティキュレーション」メニューと「Last Played Articulation」フィールドが表示されたソフトウェア音源。

一部のEXS音源では、1つのアーティキュレーションIDが割り当てられた特定のサンプルグループがあらかじめ設定されていることがあります。EXSでのアーティキュレーションIDの使いかたについて詳しくは、アーティキュレーションIDの処理を参照してください。

また、Smart Controlパネルの「キースイッチ」表示を使ってアーティキュレーションを表示および変更することもできます。「キースイッチ」表示を使うと、割り当てたキースイッチをグラフィック表示できるだけでなく、キースイッチを有効または無効にしたり、キースイッチを配置するオクターブやキーを変更したりすることができます。

図。「キースイッチ」パネル。

プラグインウインドウのヘッダでアーティキュレーションを選択する

  • プラグインのヘッダにある「アーティキュレーション」ポップアップメニューをクリックして、使用可能なアーティキュレーションのいずれかを選択します。

新しく選択したアーティキュレーションは、演奏中のノートには影響しますが、以前に録音したノートのアーティキュレーションを変更することはありません。

「キースイッチ」表示を開く

  • Smart Controlパネルで、「キースイッチ」タブをクリックします。

    アーティキュレーションが1オクターブを超えて広がっている場合は、キーの上の小さなキーボードをクリックするとオクターブをまたいだキースイッチが表示されます。

キースイッチを有効にする/無効にする

  • 「キースイッチ」表示の左上にある「MIDIリモート」ボタンをクリックします。

キースイッチに使うオクターブを変更する

  • 「オクターブのオフセット」ポップアップメニューをクリックしてオクターブを選択します。

「キースイッチ」表示でアーティキュレーションを切り替える

  • アーティキュレーションが割り当てられているキーの1つをクリックします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?