Logic Pro X: UltrabeatのパターンをMIDIリージョンとして書き出す

UltrabeatのパターンをMIDIリージョンとして書き出す

Ultrabeatのステップシーケンサーでプログラムしたパターンを、Logic Pro XにMIDIリージョンとして書き出すことができます。

Logic Pro XにUltrabeatのパターンを書き出す

  1. 「pattern」ポップアップメニューから書き出したいパターンを選択します。

  2. 「pattern」ポップアップメニューの左側の領域を選択します。

    図。「Drag to Arrange Window」ボタン。
  3. Ultrabeatの個々のトラックの目的の位置にパターンをドラッグします。

    すべてのMIDIイベント(「swing」パラメータ、「accent」パラメータの設定も含む)で構成されたリージョンが作成されます。「accent」はポリフォニック・プレッシャー・イベントとして解釈されます。「step」モードで作成されたステップ・オートメーション・イベントも、MIDIリージョンの一部として書き出されます。

    注記:書き出したMIDIリージョンの再生中にトリガが2回かけられないようにするため、Ultrabeatのステップシーケンサーをオフにしてください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?