Logic Pro X: Denoiserの概要

Denoiserの概要

Denoiserでは、音量レベルがしきい値よりも低いノイズを除去または低減できます。高速フーリエ変換(FFT)分析によって、音量が小さく倍音構造が比較的単純な周波数帯域が識別され、それらのレベルが指定のdBレベルまで下げられます。

Denoiserを強くかけすぎると、元のノイズよりも耳障りなアーチファクトが発生することがあります。「Smoothing」セクションの3つのノブを使うと、このようなアーチファクトを低減または除去できます。Denoiserのスムージングパラメータを参照してください。

図。Denoiserのメインパラメータ。

Denoiserのメインパラメータ

  • 「Threshold」スライダ/フィールド: ノイズ低減のしきい値となるレベルを設定します。レベルがこのしきい値を下回るノイズ信号が低減されます。

    ほとんどノイズしか聞こえない部分を探し、このレベル以下の信号を除去すれば十分だと思われるdB値に「Threshold」スライダを設定します。

  • 「Reduce」スライダ/フィールド: しきい値を下回る信号に適用するノイズ低減の量を設定します。ノイズが最大限に除去され、音楽やボーカルの信号低減が最小限になる値に「Reduce」スライダを合わせます。この値を6 dB下げると音量レベルは半分になり、6 dB上げると倍になります。

    注記:録音のノイズレベルが非常に高い場合(-68 dB以上)でも、聞いてみて特に不具合がなければ、-83 dBから-78 dB程度までレベルを下げれば十分でしょう。これでノイズが10dB以上、音量でいえば元の半分以下に低減されます。

  • 「Noise Type」スライダ/フィールド: 低減したいノイズのタイプを指定します。

    • 値0は、ホワイトノイズ(すべての周波数帯に均一に分布するノイズ)に該当します。

    • 正の値は、ピンクノイズ(低域のレスポンスが大きいハーモニックノイズ)に該当します。

    • 負の値は、ブルーノイズ(テープヒスノイズ)に該当します。

  • グラフィックディスプレイ: オーディオ素材の中で音量レベルが最も低い信号(ほとんどまたはすべてがノイズ)がどのように低減されるかを表します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?