Logic Pro X: メトロノームを使う

メトロノームを使う

「Logic Pro」にはメトロノームが内蔵されており、正しいテンポで演奏および録音できるように安定したビート(「クリックトラック」のようなビート)を刻みます。録音中、またはプロジェクトの再生中には、いつでもメトロノームのオンとオフを切り替えることができます。メトロノームは常にプロジェクトのテンポでビートを刻みます。このため、スマートテンポによってテンポマップが作成されている場合、メトロノームは自動的にテンポマップに従います。また、録音中の演奏にプロジェクトのテンポを自動的に合わせるようスマートテンポが設定されている場合、メトロノームのタイミングは演奏に合うように調整されます。スマートテンポについて詳しくは、スマートテンポの概要を参照してください。

内蔵のメトロノームはKlopfgeistという名の専用のソフトウェア音源を使ってクリック音を生成します。任意のオーディオまたはMIDI音源を使ってメトロノームクリックを生成することもできます。また、ポップアップメニューにアクセスして、再生中、録音中、または再生中と録音中の両方にメトロノームを鳴らすよう設定できます。

録音開始前のカウントインとして1小節だけ鳴らすよう設定することもできます。

メトロノームのオン/オフを切り替える

以下のいずれかの操作を行います:

  • コントロールバーの「メトロノーム」ボタン 「メトロノーム」ボタン をクリックします。

  • メトロノームのオン/オフの切り替えに割り当てられているキーボードショートカットを押します。

メトロノームクリックの条件を設定する

  • コントロールバーの「メトロノーム」ボタン 「メトロノーム」ボタン をクリックしたまま押さえます。

    図。メトロノームメニュー。

    メトロノームをオンに切り替えたときにのみクリック音が鳴るよう制限するには、「シンプルモード」を選択します。このモードを選択すると、ポップアップメニューのほかのメトロノーム設定は使用できなくなります。

    メトロノームのオン/オフ切り替えとは関係なく、録音中にクリック音が鳴るようにするには、「録音時にクリックを使用」を選択します。

    メトロノームのオン/オフ切り替えとは関係なく、録音開始前のカウントインにのみクリック音が鳴るようにするには、「カウントインのときのみ使用」を選択します。

    注記:「カウントインのときのみ使用」を機能させるには、「録音時にクリックを使用」も選択する必要があります。

    再生中にメトロノームのクリック音が鳴るようにするには、「再生時にクリックを使用」を選択します。この設定は、メトロノームのオン/オフの切り替えと同じ効果をもたらします。

このメニューの「メトロノーム設定」を選択すると、「プロジェクト設定」>「メトロノーム」で使用可能な残りのメトロノーム設定にアクセスできます。詳しくは、メトロノーム設定を参照してください。

カウントインのオン/オフを切り替える

以下のいずれかの操作を行います:

  • あらかじめ定義したカウントインをメトロノームで再生してから録音を開始するには、コントロールバーの「カウントイン」ボタン をクリックします。

  • カウントインのオン/オフの切り替えに割り当てられているキーボードショートカットを押します。

カウントインの小節数を設定する

以下のいずれかの操作を行います

  • 「録音」>「カウントイン」と選択し、サブメニューから小節数を選択します。

  • 「プロジェクト設定」>「録音」と選択し、「カウントイン」ポップアップメニューから小節数を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?