Logic Pro X: 電子楽器を接続する

電子楽器を接続する

コンピュータにエレクトリックギターまたはベースなどの電子楽器を接続し、オーディオトラックで演奏および録音できます。ギターからのサウンドをオーディオトラックに録音し、アンプやペダルボードエフェクトを使ってギターのサウンドを形作ることができます。コンピュータに電子楽器を接続するにはいくつかの方法があります。

コンピュータに電子楽器を接続する

以下のいずれかの操作を行います:

  • コンピュータのThunderbolt、USBまたはFireWireポートにオーディオインターフェイスを接続してから、オーディオインターフェイスに電子楽器を接続します。

    図。Thunderboltコネクタの図。
    図。USBおよびFireWireタイプのコネクタの図。
  • 標準的な1/4インチTS楽器用ケーブルを使い、オーディオインターフェイスのチャンネルまたはアダプタケーブルに電子楽器を接続します。

    図。TRSおよびTSコネクタの図。
  • コンピュータにオーディオ入力ポートがある場合は、アダプタケーブルを使ってオーディオ入力ポートに電子楽器を接続します。トラックの入力ソースに「内蔵入力」を選択します。

    図。ステレオ・ミニプラグ・コネクタの図。

電子楽器を接続したら、録音先とするトラックの入力ソースを選択します。モニタリングを有効にすると、演奏しながら楽器のサウンドを聴くことができます。入力ソースは、トラックの作成時に「新規トラック」ダイアログで選択できます。あるいは、ミキサーまたはインスペクタで、トラックのチャンネルストリップの入力スロットから選択することもできます。

また、ミキサーまたはインスペクタで、楽器のフォーマットと一致するように入力フォーマットを設定することもできます。

オーディオインターフェイスに電子楽器を接続する場合は、製造元による要件を参照して、そのインターフェイスがmacOSおよびCore Audioと互換性があることを確認してください。また、コンピュータでサポートされているフォーマットがオーディオインターフェイスで使用されていることも確認してください。コンピュータへのドライバのインストールなどについては、製造元の指示に従ってください。

コンピュータのオーディオ入力ポートにエレクトリックギターなどの電子楽器を接続すると、入力信号のレベルが低くなる場合があります。入力信号のレベルを上げるには、プリアンプにギターを接続し、プリアンプをコンピュータに接続します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?