Logic Pro X: ウインドウを拡大する/縮小する

ウインドウを拡大する/縮小する

リージョンまたはイベントの詳細を見るために拡大したり、プロジェクトを広い範囲で見るために縮小したりすることもできます。「Logic Pro」のほとんどのウインドウにはズームスライダがあります。

図。トラック領域のズームスライダ。

拡大/縮小を行っても、左上(選択済み)のイベントまたはリージョンは画面の表示領域から消えることはありません。選択したリージョンまたはイベントが表示されていない場合は、再生ヘッドを中心に拡大/縮小されます。再生ヘッドが表示されていない場合は、現在のウインドウの中心が基準になります。

「ズーム1-3として保存」キーコマンドを使って、各ウインドウについて3種類の拡大/縮小設定を保存できます。拡大/縮小設定を呼び出すには、「ズーム1-3を呼び出す」キーコマンドを使います。これらのコマンドが適用されるのは、アクティブなウインドウまたはウインドウ領域だけです。

トラック領域またはエディタを拡大/縮小する

  • 以下のいずれかの操作を行います:

    • 縦方向に拡大/縮小するには: 縦方向の拡大/縮小スライダを左右にドラッグします。左にドラッグすると表示されるトラックの数が増え、右にドラッグするとトラックの高さが高くなります。

    • 横方向に拡大/縮小するには: 横方向の拡大/縮小スライダを左右にドラッグします。左にドラッグするとトラック領域の表示範囲が広がり、右にドラッグするとより詳細な表示になります。

    • 縦方向に自動的に拡大/縮小するには: 「垂直方向に自動的に拡大/縮小」ボタンをクリックすると、空いているスペースに合わせて縦方向に拡大されます。

    • 横方向に自動的に拡大/縮小するには: 「横方向に自動的に拡大/縮小」ボタンをクリックすると、空いているスペースに合わせて横方向に拡大されます。

再生ヘッドを使ってトラック領域またはエディタを拡大/縮小する

  • Optionキーを押した状態で、ルーラの下部をクリックしたまま再生ヘッドの上部を上下にドラッグします。下にドラッグすると拡大され、上にドラッグすると縮小されます。

    図。再生ヘッドを下にドラッグする前のリージョンが表示されているアレンジ領域。

コンピュータのトラックパッドを使って拡大/縮小する

  • 2本の指でトラックパッドをピンチします。ピンチオープンすると拡大され、ピンチクローズすると縮小されます。

拡大/縮小ツールを使ってトラック領域の一部を拡大/縮小する

  1. ツールメニューから拡大/縮小ツールを選択します(またはControl+Optionキーを押したままにします)。

    ポインタがトラック領域の空の部分にある場合は、Optionキーを押したままにするだけです。

  2. 拡大/縮小したい領域を拡大/縮小ツールでドラッグして選択します。

    図。拡大/縮小ツールでリージョンが選択されているアレンジ領域。

    選択した領域がウインドウいっぱいに拡大されます。拡大/縮小する処理は繰り返すことができます。

拡大/縮小設定を保存する/呼び出す

  1. 保存したい拡大/縮小設定になるまで調整します。

  2. 「ズーム1-3として保存」のいずれかのキーコマンドを使います。

  3. 保存した拡大/縮小設定を呼び出すには、対応する「ズーム1-3を呼び出す」キーコマンドを使います。

直前の拡大/縮小設定に戻る

  • 拡大/縮小ツールを使って、背景をクリックします。

    この操作によって、拡大/縮小レベルが元の設定に戻ります。ツールを何度も使った場合は、拡大/縮小レベルが1つずつ戻ります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?