Logic Pro X: ミキサーのインターフェイス

ミキサーのインターフェイス

ミキサーには、オグジュアリー、出力、マスター・チャンネル・ストリップなど、プロジェクト内のすべてのトラックのチャンネルストリップが表示されます。そのため、相対的なレベルやパン(バランス)位置を簡単に確認および調整できます。また、エフェクトを追加したり、トラックをミュート/ソロにしたり、バスやセンドを使ってシグナルフローを制御したり、グループを使って複数のチャンネルストリップを制御したりすることもできます。

図。ミキサー。
  • チャンネルストリップ: トラックからルーティングされたオーディオまたはMIDI情報を処理するために使用します。

  • チャンネルストリップのコントロール: チャンネルストリップを介して再生されるオーディオ信号のレベルやその他の要素を調整します。

  • 「表示」ボタン: ミキサーの表示モードを「シングル」、「トラック」、および「すべて」の間で切り替えて、タスクに必要なチャンネルストリップだけをすばやく表示するために使用します。

  • 「フィルタ」ボタン: ミキサーに表示されるチャンネルストリップを特定のタイプに限定するために使用します。

ミキサーを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • コントロールバーの「ミキサー」ボタン をクリックします。

  • 「表示」>「ミキサーを表示」と選択します(またはXキーを押します)。

ミキサーを別のウインドウで開く

  • 「ウインドウ」>「ミキサーを開く」と選択します(またはCommand+2キーを押します)。

ミキサーについて詳しくは、ミキシングの概要を参照してください。チャンネルストリップのコントロールの使いかたについて詳しくは、チャンネルストリップのコントロールを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?