Logic Pro X: Smart Controlでアルペジエータを使う

Smart Controlでアルペジエータを使う

ソフトウェア音源トラックのSmart Controlでは、アルペジエータMIDIプラグインを使用できます。アルペジエータをオンにすると、キーボードで演奏するコードがアルペジオになって、コードの各音が同時にではなく1つずつ鳴ります。

アルペジエータをオンにすると、メニューバーに「アルペジエータ」ポップアップメニューが表示されます。「アルペジエータ」ポップアップメニューでは、アルペジエータのプリセットを選択したり、アルペジエータの設定(ノートの順序、ノートの範囲、オクターブの範囲など)を調整したりできます。アルペジエータのMIDIプラグインウインドウを開いて、さらに細かい調整を行うこともできます。

アルペジエータをオンにする

  • Smart Controlのメニューバーにある「アルペジエータ」ボタン をクリックします。

    メニューバーに「アルペジエータ」ポップアップメニューが表示されます。

「アルペジエータ」をオンにするとチャンネルストリップにArpeggiatorプラグインが挿入されます。以降は「アルペジエータ」ボタンを使ってアルペジエータをバイパスできます。チャンネルストリップからArpeggiatorプラグインを開くこともできます。

アルペジエータのプリセットを選択する

  • Smart Controlのメニューバーで「アルペジエータ」ポップアップメニューからプリセットを選択します。

    図。Smart Controlのメニューバーにある「アルペジエータ」ポップアップメニュー。

アルペジエータの設定を調整する

「アルペジエータ」ポップアップメニューで、以下のいずれかの操作を行います:

  • 「音の順番」を選択し、サブメニューからノートをアルペジオする方向を選択します。

  • 「音の長さ」を選択し、ノートをアルペジオする音価(ソングのテンポを基準とした音価)を選択します。

  • 「オクターブ範囲」を選択し、アルペジオに含めるオクターブ数を選択します。

アルペジエータMIDIプラグインを開く

  • Smart Controlのメニューバーで「アルペジエータ」ポップアップメニューから「アルペジエータを開く」を選択します。

アルペジエータMIDIプラグインの使いかたについて詳しくは、「Logic Pro音源」マニュアルを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?