Logic Pro X: チャンネルストリップの設定を操作する

チャンネルストリップの設定を操作する

チャンネルストリップ設定(CSTファイル)は、各チャンネルストリップタイプに固有のものです。音源チャンネルストリップにはいくつもの音源設定があり、音源、GarageBand、Jam Packのカテゴリに分かれています。オーディオチャンネルストリップでは、特定の音源、ボーカル、その他の処理タスクに最適化されたエフェクトルーティングが可能です。同様に、出力チャンネルストリップやAuxチャンネルストリップには、特定のマスタリング処理やスイートニング処理に適したチャンネルストリップ設定があります。

チャンネルストリップでは、チャンネルストリップ設定の読み込み、コピー、ペースト、リセット、保存、削除ができます。また、「ライブラリ」内のチャンネルストリップ設定にアクセスすることもできます。

MIDIプログラム・チェンジ・メッセージを送信することで、チャンネルストリップ設定をリモートで切り替えることができます。これにより、MIDIキーボードのボタンを押すことでよく使うサウンドを選択できます。この機能を使用するには、チャンネルストリップ設定をパフォーマンスとして保存する必要があります。

チャンネルストリップ設定を読み込む

以下のいずれかの操作を行います:

  • チャンネルストリップの一番上にある「設定」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから設定を選択します。

    図。「設定」ポップアップメニュー。
  • ミキサーで対応するチャンネルストリップを選択してから、インスペクタのチャンネルストリップの「設定」ボタンの左に表示される青い三角形をクリックします。

    ライブラリがアップデートされ、チャンネルストリップ設定が表示されるので、追加したい設定を選択できます。

次または前のチャンネルストリップ設定を選択する

  • チャンネルストリップの一番上にある「設定」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「次のチャンネルストリップ設定」または「前のチャンネルストリップ設定」を選択します。

チャンネルストリップ設定をコピーする/ペーストする

  • チャンネルストリップの一番上にある「設定」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「チャンネルストリップ設定をコピー」または「チャンネルストリップ設定をペースト」を選択します。

チャンネルストリップからプラグインのみをペーストする

  • チャンネルストリップの一番上にある「設定」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「プラグインのみペースト」を選択します。

チャンネルストリップからセンドのみをペーストする

  • チャンネルストリップの一番上にある「設定」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「センドのみペースト」を選択します。

チャンネルストリップ設定をリセットする

  • チャンネルストリップの一番上にある「設定」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「チャンネルストリップをリセット」を選択します。

チャンネルストリップ設定を保存する

  1. チャンネルストリップの一番上にある「設定」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「チャンネルストリップ設定を別名で保存」を選択します。

  2. 表示されるダイアログで、保存先のフォルダを選択してからチャンネルストリップ設定の名前を入力し、「保存」をクリックします。

チャンネルストリップ設定を削除する

  • チャンネルストリップの一番上にある「設定」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「チャンネルストリップ設定を削除」を選択します。

チャンネルストリップ設定をパフォーマンスとして保存する

  1. パフォーマンスとして利用したいチャンネルストリップを設定します。

  2. 「設定」ボタンをクリックしてから、ポップアップメニューから「パフォーマンスとして保存」を選択します。

  3. 表示されるダイアログで、パフォーマンス名を入力し、プログラムチェンジ番号を選択してから、「OK」をクリックします。

  4. MIDIコントローラからプログラムチェンジ番号を送信します。

    チャンネルストリップは、アサインされているパフォーマンス番号に対応するプログラム・チェンジ・メッセージを受信すると、このパフォーマンスを読み込みます。保存されているすべてのパフォーマンスが「設定」ポップアップメニューの「パフォーマンス」フォルダに表示されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?