Logic Pro X: プロジェクトのキーとスケールを設定する

プロジェクトのキーとスケールを設定する

プロジェクトには、キーを設定します。キーによってプロジェクトの中心となる音が決まり、ほかの音はその音と関連付けられます。プロジェクトを新規作成するときは、キーはデフォルトでCメジャーになります。プロジェクトの作成時に新しいキーを選択して、後で作業中に変更することができます。プロジェクトにApple Loopsを追加すると、ループのキーがプロジェクトのキーに合わせられます。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、プロジェクトにキー/拍子変更を追加することもできます。キー/拍子を変えても、スコアエディタでのMIDIノートの表示が変わるだけで、MIDIやApple Loopsの再生には影響しません。キー/拍子の変更について詳しくは、拍子とキーの概要を参照してください。

プロジェクトのキーを設定する

  • 再生ヘッドがプロジェクトの開始位置にある状態で、LCDの右端にある三角形をクリックして「ビートとプロジェクト」を選択し、現在のキーをクリックしてから、ポップアップメニューからキーを選択します。

    図。LCDの「キー」ポップアップメニュー。
  • スコアエディタで、譜表の音部記号と拍子の間をダブルクリックし、「キー」ダイアログでキーを選択します。パーツボックスからキー/拍子をプロジェクトの先頭にドラッグすることもできます。

  • キー/拍子リストの「キー」ボタンをクリックします。

プロジェクトのスケールをメジャーからマイナーまたはその逆に変更すると、キーが異名同音的に転換されることがあります(たとえば、DbメジャーからC#マイナーなど)。これらの転換は、記譜上の慣例に従って行われます。転換しても、メニューに表示されるキーが変わるだけで、プロジェクト内のリージョンのピッチは変わりません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?